本日12月14日に発売された週刊ファミ通12月28日号(KADOKAWA)では、「思い出で綴る『ファイナルファンタジー』の30年」と題する特集が組まれている。

【大きな画像をもっと見る】

「ファイナルファンタジー」の第1作が発売されたのは1987年12月18日。この特集では同シリーズが30周年を迎えることを記念し、シリーズのファンである読者や著名人から寄せられた思い出エピソード、イラストを掲載。マンガ家では山本さほ、地獄のミサワ、浅野いにお、酔co、みずしな孝之がこれに参加した。

山本は「FF4」のパロムとポロムを、ミサワは同じく「FF4」のローザをそれぞれのタッチで執筆。浅野は「ジョブのデザイン最高!!」というコメントとともに「FF5」のイラストを寄稿した。酔coは「FF7」をテーマにクラウドとレッドXIIIのイラストを描いており、みずしなは「FF10」の思い出をマンガで表現している。

また声優の中村悠一、今井麻美、浅倉杏美、浅川悠、島崎信長、高野麻里佳、加藤英美里、梶裕貴、南條愛乃らも特集に参加。ほかにもグッズ紹介やクリエイター陣へのQ&Aなど、さまざまな企画が実施されている。

※島崎信長の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。

週刊ファミ通12月28日号