スクウェア・エニックスが今冬に配信を予定しているスマートフォンアプリ「サーヴァント オブ スローンズ」(iOS / Android)。本作は,カードを使って「使い魔」を召喚し,「魔法」で敵を攻撃するなどして自陣の本拠地を防衛しつつ,相手本拠地の破壊を目指すリアルタイム対戦ゲームだ。
 本作のバトルフィールドは,味方と相手の陣地を分けるような形で川が流れており,左右に2つの橋が設置されている。どのタイミングでどちら側を攻め,どちらを守るのか,そして,カードを使用する際に必要な「マナ」をどの程度消費するのかなど,素早い状況判断と駆け引きが本作のポイントになる。
 今回4Gamerでは,そんな本作に登場する4枚のカード情報を入手できたので,本稿で紹介したいと思う。



■マーメイド(種類:Servant)

レアリティ:ブロンズレア(BR),マナコスト:3
攻撃対象:対空,対象範囲:単体,攻撃レンジ:中距離

 本作では,先述したように2つの橋を渡って相手陣地に入っていくのだが,一部の使い魔は(移動速度こそ落ちてしまうが)水中を移動して相手陣地に入ることもできる。そうした中でも,マーメイドは川へ入った際に移動速度が落ちないうえ,攻撃射程が伸び,さらに,水中に潜って移動するため,敵の攻撃対象にならないという特性も持っている使い魔。3コストなので攻撃力やHPにはあまり期待できないが,状況次第では一方的にコストアドバンテージを得られるのが魅力だ。なお,マーメイド同士が遭遇した場合はお互いに干渉しない。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


■攻勢の塔(種類:Tower)

レアリティ:シルバーレア(SR),マナコスト:3
効果対象:味方,対象範囲:前方列,効果レンジ:遠距離

 攻勢の塔は,範囲内(縦長)に召喚された使い魔に一定時間攻撃力アップのバフをかけるという設置型の使い魔。対象が多いほどその効果をより有効に活用できるので,細かい使い魔との相性が良さそうだ。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


■イージス(種類:Servant)

レアリティ:ゴールドレア(GR),マナコスト:7
攻撃対象:地上,対象範囲:単体,攻撃範囲:近距離

 イージスは,7コストで移動速度こそ遅いものの,攻撃力とHPが非常に高いヘビー級の使い魔だ。攻撃対象は使い魔を優先するため,建物を優先して攻撃するHP高めの使い魔に対して真価を発揮できそうだ。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


■アフロディーテ(種類:Servant)

レアリティ:レジェンドレア(LE),マナコスト:7
攻撃対象:建物,攻撃範囲:単体,攻撃範囲:近距離

 アフロディーテは,建物のみを攻撃する大型の使い魔。死亡時には6体の精霊体を召喚するため,相手がうまく対応できない状況であれば,一気にタワーや本拠地を落とすことも可能だ。また,先述した「攻勢の塔」と組み合わせることで,その破壊力はさらに増すことだろう。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 そんな本作では,現在事前登録の受付が行われている。事前登録者数が20万人を突破すると,皇石3000個(ガチャ11連分)が,サービス開始時にすべてのプレイヤーへ贈られるので,興味がある人は公式サイトで詳細を確認し,事前登録に申し込んでみてほしい。

リンク:「サーヴァント オブ スローンズ」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/379/G037923/20171212118/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル:
・iPhone サーヴァント オブ スローンズ
・Android サーヴァント オブ スローンズ

―――――――――――――――――――――――――――――
(C) 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.

「サーヴァント オブ スローンズ」,独自のシステムを活かした“マーメイド”や“攻勢の塔”など4枚のカードを先行公開