タレントで女優の壇蜜(37歳)が、12月14日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演し、「エロすぎる」と炎上した宮城県の観光PR動画広告「涼・宮城の夏」について語った。

問題となった動画は、唇を大写しにして「宮城、イっちゃ…う?」、伊達政宗像にしなだれかかってニンマリ、亀の頭をなでて「上、乗ってもいいですか」と亀を大きくさせる――など、性的な印象を与える内容。そのため多くの批判を浴びて、最終的に公式動画は削除されてしまった。

壇蜜によると、CG加工が多く、ぶつ切りで撮影されていたため、最後の最後まで自分が何をやっているのかは把握できていなかったという。撮影中に「これ大丈夫なの? ちょっとエロくないですか、と思わなかったか」と聞かれると、「真剣だったので…撫で具合とか」と与えられた役割を果たそうとしていたとアピール。

タレントのはるな愛(45歳)から「でも、『上乗ってもいいですか』はちょっと色っぽくいってません? 狙っているというか」と指摘されると、「恐れ多くも乗っていいですか?」という意味合いだったと弁解。だが、MCのダウンタウン・松本人志を含め、スタジオ内の面々は、壇蜜の言葉通りには受け取らなかったようだ。

ネットでは「壇蜜は被害者だよね」「今普通に喋ってるだけでエロいもんな」「そもそも何が問題だったのかまだよくわからない」「なくなった仕事以上の勲章は得た」「壇蜜さんに申し訳ないよ、宮城県民として」と壇蜜を擁護するコメントが多く上がっている。