冷遇が続くヘルタ・ベルリン日本代表MF原口元気について、クラブマネージャーを務めるミヒャエル・プリーツ氏が話した。14日付のドイツ誌『kicker』によれば、こののマーケットでの移籍もありえるという。

 原口10月14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦で退場して以来、リーグ戦では2カメンバー外が続き、11月からはヨーロッパリーグの2試合に出場したのみとなっている。

 来年のロシアワールドカップに向けて、試合経験が必要な原口にとって厳しい状況が続いている。プリーツ氏は「ゲンキは難しい状況にいる」と認めているものの、「だが、この状況は彼自身が作り出したものだ」とコメント。『kicker』誌は、契約延長の失敗とイングランド移籍の破談が原因だと解説している。

 さらにプリーツ氏は「彼との将来的な動向について、1月にハッキリさせるよ」と明言。ウィンターブレイク中には原口の去就が決まるようだ。

ヘルタ・ベルリンに所属する原口元気 [写真]=Bongarts/Getty Images