フジテレビ報道局メディア担当局長の福原伸治氏といえば、「ウゴウゴルーガ」や「近未来予報ツギクル」などの生みの親であり、多彩な人物として知られているプロデューサーでもある。

・宝くじ購入の行列に対して疑問
その福原伸治氏が、宝くじを買うために行列を作っている人たちに対し、「その時間でもっと生産的なことできるよね」と持論をインターネット上で発言。宝くじ購入の行列に対して疑問を持つ発言をした。

・福原伸治氏のTwitterコメント
「きょうも数寄屋橋のところを通ったら午後だというのに宝くじ購入の大行列が。平日に延々と並んでいられるのはある意味羨ましいとも言えるけど、その時間でもっと生産的なことできるよね」

きょうも数寄屋橋のところを通ったら午後だというのに宝くじ購入の大行列が。平日に延々と並んでいられるのはある意味羨ましいとも言えるけど、その時間でもっと生産的なことできるよね。

— 福原 伸治 (@shinjifukuhara) 2017年11月29日

・宝くじは高額当選しにくい
宝くじで高額当選する確率は非常に低い。「当たったら奇跡といえるほど当たらない」とも言われている。そのような視点で考えれば、宝くじを買うために並ぶより、他の行為をして有効に時間を使用したほうが良いという意見も間違いではない。

・ドキドキを買う行為?
もちろん宝くじを買う人たちのなかには「お祭りみたいなものだから当たらなくてもいいんだよ」「ドキドキを買うんだよ」という人もいるかもしれないが、皆さんはどのようにお考えだろうか。

ちなみにユーチューバーの間では宝くじを購入するネタは定番のようで、「10000万円分のスクラッチ宝くじを買ってみた結果」などの動画を掲載するなどしている。皆さんも買ってみる?

もっと詳しく読む: フジテレビ社員が疑問の声 / 宝くじを買うため行列に並ぶ人々を疑問視「その時間でもっと生産的なことできる」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/14/takarakuji-kau/