キックボクシング界の“神童”こと那須川天心選手が出演するCygamesのTVCM「KO編」が公開された。



本CMは、那須川選手が繰り出す怒涛の打撃計10発を凝縮。稲妻のような打撃で次々と相手をなぎ倒すシーンは、格闘技ファンならずとも痺れること間違いなしの大迫力。 



そして、CMソングは若干14歳の新人アーティストRUANNが担当。ONE OK ROCKのボーカリスト:TakaがSNS上で“She’ s so talented!”と絶賛し、自身のライブに招待したほどの今後が期待される注目のアーティストのひとり。2人の若き才能のコラボレーションにより、視覚的にも聴覚的にも刺激的なCMとなっている。

さらに、今回のTVCM公開に際して那須川選手にインタビュー。今年一番印象深かった試合や、来年の抱負、クリスマスの予定など、選手としての話はもちろん、プライベートについて語ってくれた。



――今年一番印象深かった試合はなんですか?

「11月23日にRISEのタイトルマッチをしたんですけど、その試合が一番印象深い試合だと思ってます。相手を倒したシーンもそうですし、相手をコントロールできた試合で、いろいろな大技を出せたところが印象に残っています」

――普段ゲームはやりますか?

「結構ゲームが好きで、いろんなゲームをやります。僕は、とても「Shadowverse」が好きで、友達もみんなやっているんですけど、僕が一番レベルが高くて、友達には負けないです」

――来年の抱負をお願いします。

「今年全勝できたので、来年もどんどん勝ち上がって、もっと最高を目指して頑張って行きたいと思っています」

――クリスマスも練習ですか?

「そうですね。試合が近いので、クリスマスなんて、あってないようなものです!」
関連画像キャプション