12月15日より全世界同時開される「スター・ウォーズ(以下=SW)」シリーズ8番エピソードにあたる、ディズニー配給の最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」。さすがと言うべきか、週末は都内23区内のほとんどのシネコンIMAX3D4DXはすでに全回売、通常スクリーン深夜などの回に若干席が見つかる程度という大盛況ぶり。くも「今年の正月映画で1強」と言われるパワーを見せつけている。加えて、気になる作品内容も全世界で高評価だというから、ファンならずとも胸躍る…かと思いきや、意外なが聞こえているという。

アメリカの業界誌ハリウッドリポーターは『シリーズ自体を生き生きとしたものにしている』と新たに抜されたライアン・ジョンソン監督アプローチを高く評価、イギリスロンドンタイムズは『スター・ウォーズ史上最高傑作』とまで評している。駄作映画には然とゼロを付ける、辛口のローリング・ストーン誌でさえ『ファンが探しめていたスター・ウォーズ』と三つ半(満点は四つ)の絶賛。これを聞くかぎり期待が高まる一方なのですが、実は熱心なファンほどこれらの高評価に『これは心配』と不安を抱いているようなのです」(CDDVD専門誌記者

 というのも、SWシリーズはこれまであまり評論家ファンの気持ちが一致したことがないシリーズ開2作にあたる「帝国の逆襲」(エピソード5)は双方から評価が高いものの、ジャバ・ザ・ハット、イウォークなど後の人気キャラが登場、レイア姫の艶っぽい衣装ステディカムを駆使したアクションシーンなども話題となった一大エンタメ作、「ジェダイの帰還」(エピソード6)は当初、評論家は芳しくなかった。ところが、清々しい大団円を迎えるあの作品が一番好きだというはいまだに多い。

「つまり、最新作の高評価はファンめるエンタメ要素の部分ではなく、ストーリー展開に重きを置いたものではないかという心配なんです。事実主人公の女戦士レイの立場が揺れ動き、善VS悪という単純な戦いとは違う方向へ向かっていくとも言われています。でも、多くのファンがSWにめているのは、他にはない映像キャラクターに対するワクワク感。前作も事前評価はそれなりに高かったが、フタをあければエピソード4の焼き直しでした。はたして、今回は高評価をみにして期待どおりにいくのかどうか(笑)」(前出・CDDVD専門誌記者

 ネット上でも「評論家の絶賛は本当にヤバイ」「昔みたいに手に楽しませてほしいけど‥‥理かな」など、心配するが少なくない。そうはいっても、お正月映画玉。そんな心配が杞憂に終わることを祈りたい。

塚田ちひろ

アサ芸プラス