レジ袋のことを、関西では一般的に「ナイロン袋」と言うらしい。スーパーコンビニなどで、ひんぱんに使われている。関東に移り住んだ関西人が、何気なく「ナイロン袋ください」と言ったところ、通じなかったという。関西人は絶句した......、「え、これ関東では使わへんの?」。

そこでJタウン研究所では、「『ナイロン袋』意味わかる?わからない?」に関して、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票2590票、2017年10月16日12月11日)。

はたして、その結果は――。

関西はほとんどだった

「ナイロン袋」の意味がわかる?という問いかけに対しての結果が、下の円グラフだ。「わかる」は1833票、70.8、「わからない」は757票、29.2%だった。なんと、「わかる」優勢だ。


「わかる」と答えた人の率を、各県ごとに0~505170719091100%と4段階に分け、較を試みてみた。その結果を色分けすると、上のような日本地図になった。

色分けされた地図を見ると、「わかる」率が高いオレンジは全に広がっているが、とくに西日本に集中しているように見える。一方、「わかる」率の低いグリーンは、関東や東日本の一部に分散している。詳しくは、各都道府県の調結果を見てみよう。

まず、「わかる」の代表・大阪府を見てみよう。「わかる」は87.9。「わからない」は14だった。「わかる」圧勝である。また京都府96.7)、兵庫県91.5)、滋賀県91.7)、奈良県94.1)、和歌山県100%)......、色分けすると、ほとんどだ。当然のことだが、関西は「わかる」勝だったのだ。

中国各県も見てみよう。「わかる」は岡山県91.7)、広島県100%)、山口県100%)、鳥取県100%)、島根県100%)、「わかる」率はぐっと高くなる。こちらも、ほとんどだった。

一方、東京都の結果を見てみよう。総得票数は1409票で、全体の半数以上を占めていた。「わかる」は946票で、67.1。「わからない」は463票で、32.9だった。なんと3分の2以上の人が「わかる」と答えている。関西出身者も多く上しているからだろうか。

関東各県を見てみよう。「わかる」は神奈川県(47.1)、埼玉県39.4)、千葉県32.1)、群馬県(12.5)、「わかる」率はぐっと低くなる。色分けすると、ほとんどグリーンだ。「ナイロン袋」という言葉は、「関東ではかなり通じにくい」と言えるだろう。

「ナイロン袋」意味わかる?わからない?(Jタウンネット調べ)