2007年11月青森県ヶ沢(あじがさわ)町。ケガをした野良が、近づく人を威嚇(いかく)していた。

町民が「これはダメだ。かわいそうだけど保健所に」と話しているところに通りかかったのが菊節子さんだった。

引き取られたこの子節子さんとのきずな)を深め、その後、ブログテレビで紹介されると、く間にブサイクだけどカワイイ“ブサかわ”として全区の人気者に。節子さんとわさおに近しい工藤健さんは言う。

「菊さんがおなかの具合が悪いと、わさおもおなかを壊していることがしばしばありました。や仲がいいという次元ではなく、一心同体だったのでは」

そんな節子さんが、11月30日に亡くなる。過去節子さんが入院した際は、ストレスから体中の毛が抜け落ち、10kgも痩せてしまったわさお。最の人との別れに、どれほど悲しんでいるのかと思いきや…。

「菊さんがお亡くなりになった日のわさおは、思いのほか落ち着いていました。むしろ人間を見て『何を騒いでいるのか』と毅然(きぜん)とした雰囲気がありました。わさおの胸の中では、菊さんはまだ生きておられるのでしょう」(前出・工藤氏)

(撮影/工藤 健)

日本一の“ブサかわ犬”飼い主を失った、わさおの気丈な姿とは…