夫は妻の褒め言葉に弱い?

帰りたくなる家にする! 疲れた夫が求めている「妻の癒し」3つ

「うちのパパ、もうちょっと頑ってほしいんだけどなあ……」
そう思う妻は多いのではないでしょうか。

一般論ですが、男性はどちらかといえば、何らかの行動をする際にが重く、女性ほどく行動に移さない人が多いです。

そのため、妻からみれば、自分の夫が怠けて見えたり、精細を欠くように見えるのかもしれませんね。

とはいえ、夫にテキパキと動いてもらう方法があります。それは褒めること。ただ単に褒めるだけではありません。行動を褒めるのです。

以前、mimot.で、男性女性のために行動したことを否定されると、怒るということを書きました。記事内では、彼女悪意なく彼のプレゼントを否定したばかりに、とりつくもないくらい激怒してしまったということをご紹介しました。

逆に、夫が妻のために行動していることを褒めてあげると、夫はさらに頑ろうとするようになります。

とはいえ、いざ言葉にするとなると難しいですよね。わざとらしく感じられるのも問題がありますから、短くて効果的な言葉を選んでみました。

1. 理しすぎないでね

一見何の変哲もないようですが、理しすぎてない?と尋ねることは、妻が、「自分のために夫がすごく頑ってくれているのは分かっている」ということを伝えることでもあります。

そのため、夫は癒やされますし、さらに頑ろうとするようになります。

2.いつもありがとう

ただのありがとうではなくて、「いつも」という言葉をつけるのがミソ

夫は、怠けている時でも「妻から見れば、頑ってるように見えるんだな」と思って、意識して頑るようになります。

まだあります!夫を癒す「気づかい」の言葉

3.理しすぎてない?

夫からみれば、妻から、心身を気遣われているようで、とても情と癒やしを感じる人が多いといわれています。

また、理をしているように見えるということは、それだけ頑っているように見えるということ。夫はそのことにも満足感を覚えてさらに頑ろうとするようになります。

4.疲れない程度に頑ってね

これも「3」と同様ですが、計や仕事のことよりも、夫の心身が一番大事というように解釈できます。

そのため、夫は妻からの情を感じて、さらに仕事サービスに頑ろうというようになります。

5.のことは心配しないでね

大多数の夫は、口にはしないことが多いものの、のことは心配しているものです。

今は、夫も妻も働いてのことをお互いに共同でやる時代になっていますが、夫にしてみれば、まだまだのことは苦手という人が多いでしょう。

そこでこういった言葉を時々かけてあげれば、妻が苦手なことをカバーしてくれているという一体感が生まれますし、仕事に集中しようという意識が生まれやすくなります。

いかがでしたでしょうか。もちろん、これ以外にも夫の心に働きかける効果的な言葉はたくさんあります。

今回ご紹介したことをベースに、ご自分でも工夫してみてくださいね