11月24日に全開され、くも多くの賞レースで高評価を得ている映画Call Me By Your Name(原題)』が、『君の名前でを呼んで』の邦題で2018年4月開となることが決定した。

【関連】第75回ゴールデン・グローブ賞<映画の部>作品賞ノミネート<フォトギャラリー>

 1983年、北イタリアの避暑地で家族を過ごす17歳エリオティシー・シャラメ)は、大学教授が招いた24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に自転車を散策したり、泳いだり、午後を読書音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知るへと変わっていく。

 アンドレアシマンによる原作実写化した本作は、『胸騒ぎのシチリア』などのルカ・グァダニーノが監督を、『眺めのいい部屋』の監督として知られるジェームズアイヴォリーが脚色を担当。今回邦題に決定した『君の名前でを呼んで』は原題の直訳であり、エリオオリヴァーが、互いの想いを確かめ合う印的なシーンに登場する重要な台詞の一部でもある。

 賞レースの始まりとともに、オスカーを占う重要な前戦であるゴッサム賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞を制覇した本作は、アカデミー賞最有補との呼びも高い。ゴールデングローブ賞でも、要部門の作品賞(ドラマ部門)、男優賞(ドラマ部門/ティシー・シャラメ)、助演男優賞(アーミー・ハマー)と3部門にノミネートされている。

 映画『君の名前でを呼んで』は、2018年4月ロードショー

『君の名前で僕を呼んで』、2018年4月公開決定(C)Frenesy, La Cinefacture