米俳優アーミー・ハマーと新星ティモシー・シャラメの共演作「Call Me By Your Name」が、「君の名前で僕を呼んで」の邦題で2018年4月に公開されることが決定した。

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳の少年エリオは、大学教授の父親が招いた24歳の男子大学院生オリヴァーと出会う。一緒の時間を過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの思いは、初めて知る恋へと変わっていく。

「ミラノ、愛に生きる」「胸騒ぎのシチリア」で知られる、イタリア出身のルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとり、初恋の輝きや切なさをすくい上げる。米作家アンドレ・アシマン氏が2007年に発表した同名小説を、「日の名残り」「眺めのいい部屋」の巨匠ジェームズ・アイボリーが脚色。タイトルは、エリオ(シャラメ)とオリヴァー(ハマー)が互いの思いを確かめ合う印象的な場面のセリフの一部分であり、邦題も配給関係者満場一致で決定したという。

本作は、第75回ゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ)をはじめ、シャラメが主演男優賞(ドラマ)、ハマーが助演男優賞にノミネート。アカデミー賞前しょう戦の話題作のひとつであり、第90回アカデミー賞にも期待がかかる。特に、本作で本格的な映画初主演を果たしたエリオ役のシャラメは、米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞のブレイクスルー演技賞を皮切りに、ニューヨーク映画批評家協会やロサンゼルス映画批評家協会賞などで主演男優賞を次々と受賞しており、大きな注目が集まる。

「君の名前で僕を呼んで」は2018年4月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

賞レースの話題作「君の名前で僕を呼んで」