イーサリアブロックチェーンで発行される計画の仮想通貨WowitWWB)」の活用・普及をめざすプラットフォーム「Wowoo(ワォー)」の評議会に、中国のパブリック・ブロックチェーンプロジェクトNEOの創業者・CEO Da Honfei(達鴻飛)氏が参画することが決まった。「Wowoo」は、日本で最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴの海外子会社Kfnc LTD.(本社:マレーシア)が出資するWowoo Pte.(本社:シンガポール)が開発・提供する。

 NEOは、「中国版イーサリアム」とも呼ばれ、スマート・コントラクトとブロックチェーン・プラットフォームの運営を通じたデジタル資産の管理と「スマートな経済」の実現をしており、Da氏が評議会に参加することで、「『Wowoo』が提供するICOソリューションとしての信頼性はさらに高まる」としている。

 「Wowoo」は、ICOをイーサリアムで展開する予定だが、NEO上でのトラザクションが可となるよう、両社共同のリサチチームを発足する。NEO世界中のプロジェクト企業コミュニティーに携わっており、また、世界仮想通貨時価総額ランキングにおいても常に10位前後に位置づけられていることから、「Wowoo」が発行予定のWWBがNEO上で活用されていくことにより、よりスピーディーで安全なトラザクションが実現するとともに、世界トップランカー仮想通貨であるNEOホルダーからも注を集めることが期待される。

 来年以降、Wowoo Pte.はNEOと連携して世界でのミートアップを行う予定。トークンセールを2018年1月以降に実施する計画。トークンセール後に要な取引所で取引可になるよう推進していく。NEOベースにすることで、中国内の広範な市場のみならず、アジアを中心とする世界市場も視野に入れ、WWBの展開スピードを加速させる計画。オウケイウェブは、この「Wowoo」とNEOの取り組みのプロモーションと顧客サポートツールとしてFAシステム「OKBIZ.」を提供し、支援していく。

 WWBは、QAサイトへの回答に対する謝礼をはじめ、「感動や親切」を受けたことに対する「感謝の気持ち」を伝える手段になるという。Q&Aサイト「OKWAVE」、寿命管理財団が提供する「PHOENIXプロジェクト」、フットゴルフ財団、日本食文化輸出財団などが活用を検討している。(写真は、WWBのイメージホワイトペーパーより)

中国のブロックチェーン「NEO」CEOが、日本が進める仮想通貨「WWB」プロジェクトに参画