200勝、250セーブとともに名球会への入会資格要件となる2000安打

 2000本安打――。

 プロ野球界で活躍する打者において、1つの目標となる数字である。200勝、250セーブとともに、名球会への入会資格を得る要件ともなっているが、200勝、250セーブほどではないにしろ、そのハードルは高い。

 プロ野球の歴史の中で、過去50人しか達成していない偉大な記録の1つ。2017年には6月3日の楽天戦(ナゴヤD)で中日・荒木雅博内野手が、8月13日の広島戦(マツダ)で巨人・阿部慎之助内野手が、9月8日のDeNA戦(甲子園)では阪神・鳥谷敬内野手の3選手が大台に到達し、メディアでも大きく取り上げられた。

 そして、2018年、この輝かしい記録に手が届きそうな球界を代表する打者が3人いる。

○内川聖一(ソフトバンク)通算1975安打(残り25)

 大分工高から2000年のドラフト1位で横浜(現DeNA)に指名され、プロ入りした内川は今季が17年目だった。2008年には打率.378、189安打で首位打者と最多安打のタイトルを獲得。この2008年から、ソフトバンク移籍後の2014年まで7年連続3割を達成するなど、球界を代表する打者として君臨している。残り104安打でシーズンをスタートさせ、今季中の達成が見込まれていたものの、左手親指を骨折。長期離脱となり、来季へと持ち越しとなった。ただ、残り25本と記録達成は目前に迫っており、内川の実力をもってすれば、来季4月中での達成も十分射程圏だろう。

福浦は来季プロ25年目、村田は来季の所属先が決まるか…

○福浦和也(ロッテ)通算1962安打(残り38)

 市立習志野高から1993年のドラフト7位でロッテに入団した福浦は今季でロッテ一筋、プロ24年目だった。プロ4年目の1997年にプロデビューを果たすと、2001年に首位打者を獲得。その年から6年連続3割をマークした。その後は故障などもあって出場試合数は減らしていったが、勝負強い打撃などで代打の切り札としても起用された。来季は25年目で、2000安打までは残り38安打。今季は30安打を放っており、起用数によっては十分に達成可能な数字だろう。

○村田修一(所属未定)通算1865安打(残り135)

 日本大学から、2002年のドラフト自由獲得枠で横浜(現DeNA)へと入団。1年目から74安打25本塁打を放ち、定位置を掴むと、2007年、2008年には2年連続本塁打王に輝く。2012年にはFAで巨人へと移籍。その後もコンスタントに活躍し、安打を積み重ねていった。巨人には6年間在籍したが、今オフ、若返りを図るチーム方針から事実上の戦力外になり、自由契約となった。現在、来季の所属先はまだ決まっていない。残り135本に迫っている2000安打達成も、その去就次第となっている。

 現役選手で村田に続くのは、1694安打の中島宏之(オリックス)、1692安打の福留孝介(阪神、日米通算2000安打は達成)となっており、来季中の達成はほぼ不可能で、可能性があるのはこの3人だけだろう。ソフトバンクで主軸を打つ内川の達成は時間の問題だが、ロッテのレジェンド福浦、そして来季の去就が決まっていない村田は大記録を達成することは出来るだろうか。(Full-Count編集部)

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】