©2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

こんにちは、八雲ふみねです。
今回ご紹介するのは、12月16日から開の『MR.LONG/ミスターロン』。

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.135

台湾人の殺し屋ロンは、ナイフの達人。東京にいる台湾マフィアを殺す仕事を請け負うが、返り討ちに遭い、命からがら北関東田舎町へと逃れる。

日本語がまったく分からない彼だったが、少年ジュンやその台湾人のリリーと出会い、さらにおせっかいな地元住民との交流を通じて人間らしい心を取り戻していく。

ある日、住民に料理ふるまって評判を得たことから、ロン牛肉麺(ニュウロンミェン)の屋台で働くことになり…。

©2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

アジアの才能が出会った、ハートウォーミング・バイオレンス・ストーリー

日本で逃亡生活を送ることになってしまった台湾マフィア青年が、逃げ延びた町の人々との交流を描いた『MR.LONG/ミスターロン』。内外で活躍するSABU監督台湾の実スターであるチャンチェン演に迎えた意欲作です。

2人の出会いは、2005年ニュー・モントリオール映画祭。それ以来、親交を深め、一昨年10月台北で再会した際、SABU監督チャンチェンに出演をオファー。初タッグが実現しました。

本作は今年2月、第67ベルリン国際映画祭コンペティション部門でワールドプレミア上映され、その後、第17高雄映画祭や第30東京映画祭でお披露。いよいよ満を持して日本での劇場開となります。

共演には心を閉ざした少年ジュン役にバイ・ルンインジュンリリー役に台湾出身の女優イレブン・ヤオ、そしてリリーのかつての人・賢次役には日本から青柳(劇団EXILE)。

世界を股にかけて活躍するアジア映画人が結集し、際色豊かな作品となりました。

©2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

殺し屋だけど料理人!? セクシー&キュートなチャン・チェンにギャップ萌え!

SABU監督チャンチェンイメージして書き上げたという殺し屋ロンは、無口な男。日本語が話せないという設定なので、自らの素性も心情もることはありません。しかしチャンチェン微妙な表情の変化やしぐさで、ロンの心の変化を繊細に表現。

一方、麗なナイフ捌きに加え、泥臭くもリアリティあふれる迫アクションシーンを披露するなど、俳優としての振り幅の大きさに魅了されることでしょう。このチャンチェン演じるロンキャラクターがすこぶる魅的。

殺し屋が武器であるナイフ包丁に持ち替えて料理作ってみたら、これが絶品だった…という設定しかり、ジュンリリーと出かけた温泉旅行卓球をするも快に空振りしてふてくされるロンの表情しかり。

無口殺し屋”というクールアウトローな顔と、不器用だけど人間的な一面。

う〜ん、これぞギャップ萌え

チャンチェンの好演とSABU監督作品ならではの遊び心による相乗効果こそ、単なるバイオレンスアクションではない所以。実は、とってもハートウォーミングな作品でもあるのです。

©2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

初タッグに手応え十分!さらなるタッグに期待大!!

30東京映画祭では特別招待作品として上映された本作。上映前の舞台挨拶にはSABU監督チャンチェンって登壇、八雲ふみねが会を務めました。

劇中で話すシーンはありませんが、実は日本語が堪チャンチェンさん。SABU監督ユーモアたっぷりのコメントに、通訳を介さずに反応しては終始ニッコリ。

フォトセッション時にはカメラマンからの要望に応え、背中合わせポーズを決めるひと幕も。映画制作トークも息ぴったりのお二人、さらなるタッグに期待が高まる舞台挨拶となりました。

作品情報

MR.LONG/ミスターロン
2017年12月16日から新宿武蔵野館ほか全順次
監督・脚本:SABU
出演:チャンチェン青柳イレブン・ヤオ、バイ・ルンイン ほか
©2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA
公式サイト https://mr-long.jp/

八雲ふみね fumine yakumo

大阪市出身。映画コメンテーターエッセイスト。
映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に会者としてもおなじみ。
シネマズ by 松竹」では、ティーチイン試写会シリーズのナビゲーターも務めている。

八雲ふみね公式サイト yakumox.com