2017年もあと2週間弱、今年もいろんな出来事がありました。Googleでは2017年に検索された言葉や人物などのランキングを発表。注目は急上昇ランキングで、昨年と比較して期間中にGoogleで検索が急上昇したキーワードがわかります。昨年と比べて検索が急上昇した言葉は……!?

急上昇ランキング

1位 小林麻央
2位 北朝鮮
3位 ドラクエ11
4位 台風
5位 wbc
6位 松居一代
7位 安室奈美恵
8位 清水富美加
9位 iPhone 8
10位 ブルゾンちえみ

1位の小林麻央さんはSuits読者と同世代ということもあり、その訃報は身内の不幸のように大きなショックを受けたものです。また、乳がんという病気についての関心も高まり、定期的な検診をするようにしたという声も多く聞かれました。

「小林麻央さんの死は、本当にショックでした……。お子さんたちもまだ小さいので、奇跡が起きることを願っていました。会ったことも無いのに、涙が出てきそうになって……。私も乳がん検診でよく再検査にひっかかるので、他人事じゃない感じです」(IT系企業勤務・34歳)

「いつも小林麻央さんのブログを読んでいたので、アップされた写真を見ては“元気そう、良かった”とか、親戚のおばちゃんみたいな気持ちだったんですよね。口からモノを食べれなくなっていることをブログで知って、心配していたんです。一日でも長く生きてもらいたかったです。今までは乳がん検診の時だけチェックしていましたが、たまにセルフチェックをするようになりました」(美容系勤務・38歳)

2位の「北朝鮮」は今年の漢字に選ばれた「北」の文字でもわかるように、私たちの生活にミサイル発射という非日常なニュースとして飛び込んできましたね。9位の「iPhone8」は「iPhoneX」を差し置いてのランクイン。やはりiPhoneXは価格が高すぎるのがネックだったのでしょうか!? Suits WOMANでも新作iPhoneの記事は注目を集めていました。

【新型iPhone】賢い女子はどちらを買うべき? iPhone XとiPhone 8の特長を比べてみました!

さらに、Googleでは〇〇【とは】ランキングも発表しています。「とは」は〇〇という言葉を調べるときによく使われるもので、みんなの興味の高さがうかがえますね。

〇〇【とは】ランキング

1位 忖度 とは
2位 プレミアムフライデー とは
3位 リベラル とは
4位 共謀罪 とは
5位 valu とは
6位 jアラート とは
7位 ハンドスピナー とは
8位 溶連菌 とは
9位 衆議院解散 とは
10位 排他的経済水域 とは

こちらも、今年の新語・流行語として上位にきた「忖度」という言葉がランクイン。確かに最初に聞いたときは、どんな意味だっけ?とググったものです。

働く堅実女子的に注目は、2位の「プレミアムフライデー」。

「あんなの、残業の無い堅い組織の人が考えた企画でしょ?月末期末の最終金曜日に半休が取れるなんて思うのが、そもそも間違ってるっつーの!!」(金融関係勤務・36歳)

「そういえばそんな言葉もありましたね……。一度も取ったことないし、取ったという人に会ったこともありません」(アパレル勤務・28歳)

と、不満の声が続出。実際に今も行なわれている企業は少数なのでは?と思うほど、有名無実となっています。Googleの「〇〇とは」ランキングは政治や経済的な言葉が多くランクインしているのが特徴的ですね。

「教えてGoogle先生~」とすぐにググってしまいます。

そして、「話題の人<男性><女性>」のランキングはこちら。

話題の人<男性>

1位 トランプ
2位 金正男
3位 藤井聡太
4位 高橋一生
5位 小室圭
6位 伊藤元太
7位 池田大
8位 船越英一郎
9位 日馬富士
10位 とろサーモン

Suits世代の女性たちの興味は4位の「高橋一生」さん!ドラマ『カルテット』(TBS)や、朝ドラ『わろてんか』(NHK)など、今年はますます活躍する姿を様々なメディアで見られて嬉しい限りでした。来年もキュンキュンさせてほしいものです。

話題の人<女性>

1位 小林麻央
2位 松居一代
3位 安室奈美恵
4位 清水富美加
5位 ブルゾンちえみ
6位 小林麻耶
7位 松野莉奈
8位 須藤璃々花
9位 豊田真由子
10位 野際陽子

ここでも小林麻央さんがランクイン。2位の松居一代さんはYoutubeにあげた動画が話題になりましたね。Suits女子の間では「あの動画はキレイに見えるように、腕を全部入れずに肩は見切れているあたりがテクニカルだ」と、その撮り方にも注目が集まっていました。

また、安室奈美恵さん、清水富美加さん、ブルゾンちえみさん、須藤璃々花さん、豊田真由子さんを取り上げた「女のもやもやセラピー」や「オレ流恋愛メソッド」は、多くの人が読んでくれたようです。

【もやもや】安室奈美恵、来年引退宣言。引き際の美しい女はやっぱりカッコいい?それともーー~その1~

【もやもや】清水富美加が22歳で出家。仕事辞めたい働くアラサーも解脱しちゃう?~その1~

【オレ流恋愛メソッド】ブルゾンちえみさんに見る「女子の新しいモテかた」~その1~

【もやもや】生放送のステージ上で結婚宣言したNMB須藤凛々花に働くアラサーがもやもや。「いるよね、こういうヒロイン女子」~その1~

【もやもや】録音して通報。豊田議員の元秘書はパワハラ被害に打ち勝てたのか~その1~

ブルゾンちえみさんは今年のDIMEトレンド大賞の話題の人物賞をはじめ、さまざまな賞を受賞していますね。彼女の全方位に嫌われない感じは、働く堅実女子の間でもマネしたいと評判です。

Googleではこのほかに映画、ドラマ、「japan」「tokyo」(世界が検索した、日本や東京を調べる際に一緒に入力される言葉のランキング)、比較したもの、都道府県別Google検索ランキングなどを公式サイトで発表しています。意外な言葉がランクインしていて興味深いですよ。来年はどんな言葉が検索されるのか、楽しみですね。

Google 検索ランキング 2017公式サイト https://trends.google.co.jp/trends/yis/2017/JP/

<Google調べ>

関連画像