「アニー・ホール」のオスカー女優ダイアン・キートンと、「ハリー・ポッター」シリーズや「パディントン2」(2018年1月19日公開)のブレンダン・グリーソンが共演したロマンティックコメディ「Hampstead(原題)」が、「ロンドン、人生はじめます」の邦題で2018年ゴールデンウィークに日本公開されることが決まった。

未亡人エミリー(キートン)はある日、自然に囲まれた小さな家で暮らすドナルド(グリーソン)と知り合う。庭でのディナー、気ままな読書、森のピクニックといったドナルドの悠々自適な生活と頑固だが温かな人柄にひかれていくエミリーだったが、ドナルドがとある事件に巻き込まれたことから、2人の恋は意外な展開にもつれ込んでいく。

「ラッシュ プライドと友情」や「フラットライナーズ」(12月22日公開)のジェームズ・ノートン、「恋におちたシェイクスピア」のサイモン・キャロウ、「マレフィセント」のレスリー・マンビルらが脇を固め、「新しい人生のはじめかた」「ラブ・パンチ」を手がけたジョエル・ホプキンスがメガホンをとった。

ポスターでは、青空と原っぱといった自然に囲まれた中でピクニックを楽しむ2人の姿が淡い色使いで彩られており、「暮らしも、お金も、恋も、自分らしく。」といったキャッチコピーが添えられている。

「ロンドン、人生はじめます」は、18年ゴールデンウィークに東京・シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国順次公開。

邦題は「ロンドン、人生はじめます」に決定