ついに開が開始された「スターウォーズ / 最後のジェダイ」。スターウォーズシリーズとしては8作にあたり、全9部作のうちのひとつである。しかし今後、全12部作になるのではないかと報じられている。

・人を楽しませるための作品
それにしても素らしくデキの良い作品だった。演出やタイミングなど、どれも計算されつくした「人を楽しませるための作品」に仕上がっており、特に「ここぞ!」というシーンに最大値の演出を投入してくる計画的なタイミングは秀逸で、エンタメ作品として素晴らしいデキとなっている。

ファンの心理を理解していない駄作
しかしながらスターウォーズの新作という視点レビューするとなれば、酷い駄作としか言いようがない。過去の「スターウォーズ要素」の上辺だけを使用した作品であり、スターウォーズならではのエモーショナルな雰囲気は皆無。表面、外見、見かけだけの内容であり、二度観たいとは思わない。過去スターウォーズ1~6部を愛しファンの心理を理解していない駄作である。

大根役者と言わざるを得ないルークの演技
時折入る茶番スターウォーズらしからぬギャグテンポよく進んでいると思えば唐突に入る「ダラダラとした演出」。そして商売のためにムリヤリ登場させたとしか思えない動物(これは客を馬鹿にしているとしか思えなかった)。

なかでもルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の魅を引き出せてない点が最悪で、魅を引き出すどころか、大根役者と言わざるを得ないルークの演技は失笑モノ。こんな茶番を見せられたら、ルークだけでなく脚本家と演出もしっかり仕事をしているのか疑問に思う。登場人物全員存在感が薄すぎるのも酷い。特に主人公に感情移入しにくく、設定とアイコンが動いているようにしか思えない。

・上辺だけ見せて「ほら面いだろ?」
とはいえ誤解しないでほしいのは、筆者は過去作品を美化している懐古義ではないということ。新作では今までにない展開や演出をどんどん盛り込んでほしいし、それが面味の進化だとも思っている。しかしながらスターウォーズらしさを消し去り、上辺だけ見せて「ほら面いだろ? お前らこれが見たかったんだろ?」という感じで押し付けられても、まったく心にかない。

スターウォーズらしさを台しにした
そもそも「面くないしそれは見たくない」ものばかり見せてくる。途中から恥ずかしくなってを閉じたくなったほどである。スターウォーズらしさを台しにした今作を踏まえて考えれば、次回作はまったく期待できない。スターウォーズではない別作品としてなら素晴らしいデキなだけに、非常に心が痛む。

・こういう悲しい作品は二度と作らないで
登場キャラクター音楽や舞台設定が過去作品を踏まえていたとしても、それだけでスターウォーズファン満足するとは思わないでほしい。もちろんこの作品に感動したスターウォーズファンもいるとは思うが、もしメディア関係者がこの作品を褒めていたら利関係があるんじゃないかと邪推してしまうレベル。最後に何も残らない映画。こういう悲しい作品は二度と作らないでほしい。

もっと詳しく読む: 新作スターウォーズは完成度が高い良作 / しかしスターウォーズとしては最悪の駄作 / スターウォーズ最後のジェダイ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/15/star-wars-the-last-jedi-review/

執筆: 桃色ガンダルフ