15年の伊藤、16年の平野に続き、日本人選手が3年連続で躍進賞を受賞

 卓球のITTFワールドツアー、グランドファイナルが14日にカザフスタンのアスタナで開幕した。世界ランク上位選手(シングルス16名、ダブルス8組)だけが出場できるシーズン最終戦初日の夜には、シーズンで最も活躍した選手が表彰される「スターアワード」が発表され、張本智和(エリートアカデミー)がブレイクスルー賞(躍進賞)を受賞した。

 ワールドツアーU-21、世界ジュニア選手権の最年少V記録を保持する張本は、今年6月の世界選手権では大会史上最年少で8強入り。6月の世界ランキングでも史上最年少の13歳でトップ50入りを果たすと、8月のチェコオープンでは史上最年少となる14歳61日でワールドツアー初優勝を飾った。日本が誇る神童の快挙に、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「センセーションだ」と伝えていた。

 ITTF公式サイトは、張本の躍進賞受賞を伝えるとともに「14歳のトモカズ・ハリモトは世界トップ10のスター選手であるティモ・ボルとジュン・ミズタニを打ち負かした」と記し、6月の世界選手権で水谷隼(木下グループ)、チェコオープンで元世界ランク1位のティモ・ボル(ドイツ)を破ったことを評価している。

 日本人選手の躍進賞は、2015年の伊藤美誠(スターツSC)、16年の平野美宇(エリートアカデミー)に次いで3年連続。MVPは男子がボル、女子は丁寧(中国)が選ばれ、張本はITTFが公式ツイッターで公開した受賞者全員のセルフィー写真をリツイートする形で受賞を報告している。

 張本は15日、シングルス1回戦で開催地カザフスタンのキリル・ゲラシメンコと対戦。シーズン最終戦で有終の美を飾れるか、注目が集まる。

張本智和【写真:Getty Images】