今年大ブレイクしたブルゾンちえみ。「2017ブレイク芸人ランキング」(オリコン調べ)でも1位き、また今年の「2017ユーキャン新語・流行語大賞」にも「35億」がノミネートされるなど、勢いは止まらない。だが、そんな彼女に異を唱える者が現れた。予備校講師の林修先生だ。

12月10日に放送された彼の冠番組『林先生が驚く初学!』(TBS系)にブルゾンが出演した際のことですよ。林先生はいきなり、『ちょっと気になったのは“35億”とおっしゃっていて、うん?と思ってすぐ調べたら最終統計はすでに“37億”なんですよ』と、彼女にダメ出ししたんです」(芸ライター

 総務省の調べによれば、2015年世界男性の人口は37720万6,000人と、確かに2億人多いことがわかるが、林先生は追及の手をゆるめず、「(35億というのは)いつの統計に基づいてのカウントなんですか?」と、ブルゾンに出典を問いただした。すると、彼女から思わぬ答えが…。

ネタを作っている時に、総人口が71億って出たんで、それを半分に割って…」

 つまり男性の人口を調べたのではなく、単純に2で割っただけというのだ。それにはスタジオからも驚きのがあがっていた。だが、林先生はただ割ったことに関してはとがめず、「統計が古かったということで、承ることにして」と一度は寛容な態度を見せたという。しかしこのあと、林先生はブルゾンに、ある現実叩きつける。それが…。

「一生のうち(一人の)人が関わる人間は3万人。男性はその半分の1万5000人。でも、その中で本当にかかわりのあるのはせいぜい300人なんですよ」

 というダメ押し。

林先生によれば、このことは、いろいろな本に載っていると言っていましたが、告げられたブルゾンは、あまりの理詰めによるダメ出しで激怒。『うるせぇ!!うるせぇ!!』と繰り返し林先生を罵倒していました」(前出・芸ライター

 2013年の「新語・流行語大賞」の「年間大賞」には、「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」とともにおなじみのフレーズ今でしょ!」で年間大賞を獲得した、いわば“先輩”にあたる林先生お笑いネタにはもう少し広い心で見てあげてほしいものだが、

「2人とも所属事務所が同じですからね。事前に打ち合わせもしやすく、漫才のようなやりとりもうまく演出できたんだと思いますよ。あるいは、先にブレイクした芸界の先輩としても、そろそろ『35億』のネタから卒業したら、というアドバイスの意味合いも兼ねられている“ダメ出し”のように見えましたね」(前出・芸ライター

 1年間、どうにかこうにか持たせることのできた「35億」以外の爆笑ネタが待ち遠しい。

魚住

アサ芸プラス