行列店のパスタスイーツもいいけれど、週1~2回のうどんチャージは欠かさない。そんな自他ともに認めるうどん好きアラサーOLうどん店訪問記。

超有名グルメ漫画でも登場した、池袋のデパート屋上の隠れ家的うどん屋

 ちょっとが冷たく感じる平日午前11時池袋での営業帰りに、寄りしてめのランチ探し。今ここから見えるのは、超高層ビル屋上や屋根、据え置きのテーブル、たくさんのベンチと一面に広がる。あたりにはスーツ姿のサラリーマンはもちろん、カップルベビーカーをひいた主婦も。お気づきかもしれませんが、ここは都心デパート屋上フードコート。こんなところに、今回のお当てのうどん屋「手打うどん・そば かるかや」があります。

「間違えた…?」と一瞬不安になるかもしれませんが、ちゃんとあります!
「間違えた…?」と一不安になるかもしれませんが、ちゃんとあります!

 「手打うどん・そば かるかや」と聞いてピンときた方もいるでしょう。そう、漫画孤独のグルメ』(扶桑社刊)で井之頭五郎も食べた“あのうどん屋”です。五郎さまといえば、私のひとり飯の師匠(と勝手に思ってます)。なので気分は聖地巡礼デパート屋上というだけあって、広々とした開放的な間、周りを見渡すとオシャレ洋食中華スイーツショップがずらり。でも漫画で読んだよりもだいぶキレイになっている気が…。こんなところ昭和43年から続く手打ちうどんの店が本当にあるの?と不安になりそうですが、ご心配なく。「手打うどん」と書かれたのれんを探しましょう。あとで調べたらこの屋上2015年リニューアルしたそう。そのため周りは漫画で描かれた風景とは異なりますが、「手打うどん・そば かるかや」の佇まいは同じでした。この一だけ、昭和空気が流れているようでなんだかイイ感じ。

昔ながらののれんが昭和を感じる雰囲気に
昔ながらののれん昭和を感じる雰囲気に

 こちらのお店は注文して商品を受け取り、好きな席で食べるスタイル。さてどれにしよう。ここはひとつ、五郎さまが食べていた「見おろしうどん」(350円)にしようとしたけど…あれ? 見つからない。メニューが変わってしまったのでしょうか……。仕方がないから、それに近い「うどん」(450円)か「おろしうどん」(450円)で慢しようか。それともお店の名前がつけられている、イチオシっぽい「かるかやうどん」(500円)にするべきか……。迷いに迷って結局「昆布うどん」(400円)にしました。うどん昆布って、ダシたっぷりに違いない!

割り箸はケースいっぱいに入ったなかから自分で取るスタイル。この大胆さがまたイイ
割り箸ケースいっぱいに入ったなかから自分で取るスタイル。この大胆さがまたイイ

 うどんは注文が入ってから、お店の人が作ってくれます。お店の人によると「このお店の一番人気は『つけうどん』(450円)なんですよ」とのこと。そんな話を聞いていると、1分程度でうどんが出てきました。おぉ、想像以上に昆布! 器の半分以上が昆布という、なんともダイナミックビジュアル。ここまで昆布するうどんもなかなかしいのでは。では、いただきまーす!

うどん、細切り昆布、つゆ、ネギのシンプルなうどん
うどん、細切り昆布、つゆ、ネギシンプルうどん

 うどんはのどごしツルツルではなく、コシはあるけどやさしい感じ。武蔵野うどんほどではありませんが小麦の味が強くでていて、口いっぱいにモグモグしながら食べたくなるうどんです。

割り箸よりちょい太めのうどん
割り箸よりちょい太めのうどん

 うどん機械を使わず手作業で製麺しているそうで、太さがまばら。でもこれがむしろ、おつゆと絡んでいい感じ。昆布のおかげもあってか、おつゆはしっかりとダシが効いています。うどんを食べて、おつゆをズズッとすすって、ちょっと具をつまんで……。シンプルながら単調にならない一杯。これを都会のん中で、しかも青空の下でいただけるなんて、なんて贅沢なんでしょう。外で食べるからこそ、温かいおつゆが身体にじんわりと沁みこみ、ほっこりできました。なにより五郎さまと同じお店で食べられる日が来るなんて感

 そしてさらにより情報が。なんとここのうどん、お持ち帰り用が地下のお惣菜売り場でも買えるんですって! これは帰りに地下を覗いてみなきゃ。ごちそうさまでした!

SHOP INFO

手打うどん・そば かるかや

店名:手打うどん・そば かるかや

住:東京都豊島区池袋1-28-1
  西武池袋本店 本館9F 屋上
営:10:00~20:00(L.O 19:30
休:西武池袋本店の休業日に準ずる

著者プロフィール

取材・文/みなみ

北関東出身、東京在住。ベンチャー系IT企業で営業から事務までやらされている現役アラサーOL。好みのタイプ讃岐うどん! なんだけど、なかなか聖地香川に行けないのがもっかの悩み。でも、そんなうどん欲を満たしてくれる、くて安くて美味しくて、ちょっと自慢したくなるお店は東京にもけっこうあるんです。そんな日本ソウルフードうどん」に魅せられ、今週はどこに行こうと考えるのが一番の楽しみです。

食楽web