12月9日最終回を迎えたドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)にくも続編を希望するが殺到しているという。

 深刻な少子化問題に止めをかけるため、政府が性体験のない30歳以上の男女を強制的に入学させた「オトナ高校」。性体験が済んだ者から「卒業」していく設定だったことから、最終回演の三浦演じるチェリートをはじめ、黒木メイサ演じるスペア、高橋克実演じるサショーなど、全員が性体験を済ませて「オトナ高校」を卒業するだろうと見られていたのだが、実際はチェリートだけを残してほかのみんなが卒業というオチだったため、ネット上では大きな話題に。

 さらに反を呼んだのが「オトナ高校」の校舎を活かしてチェリートらが開催した“婚活パーティー”に対する参加希望者からのメール。その中に、同じ10月期放送の連ドラ刑事ゆがみ」(フジテレビ系)の役である浅野忠信演じる「適当」と、神木隆之介演じる「羽生虎夫」の名前があったため「局をえたコラボに感動!」「どっちのドラマもオトナの対応がステキ」とドラマファンの間で大騒ぎになったのだ。

11月23日放送の『刑事ゆがみ』第7話では、浅野木が『オトナ高校入学すれば?』『チェリートじゃねーし!』と会話するシーンがあり、その時もテレビ局の垣根を越えたコラボと大注されました。今回の『オトナ高校』の演出は、その“お返し”ともいえますが、『刑事ゆがみ』の役2人の役名をさりげなく文字で見せるやり方は、“スマートなのに熱い”と絶賛されています」(テレビライター

 12月17日には「オトナ高校スピンオフ炎上チェリークリスマス~」がAbemaSPECIALチャンネルで独占配信される予定。今回の2作品のようなコラボが他局、他作品に広がれば、相乗効果でドラマ視聴率の底上げにつながるかもしれない。

アサジョ