やはり“なんちゃってニューヨーカー”気取りだったのか!?

 渡辺直美が12日に行われたイベントに出演し、ニューヨークでピース・二と再会を果たしたエピソードについて明かした。渡辺仕事で先日ニューヨークを訪れており、その合間に部と合流したことをインスタグラムで報告していた。

 昨年10月に「アメリカビッグになる」と、ニューヨークに拠点を移すことを発表して、約1年が経った10月11日に渡した部だが、その近況について渡辺は「『ニューヨークに10年住んでいます』くらいの勢いで来て、まだ1ヶちょっとしか経っていないのに。でもすごく元気そうでしたよ」と、すでにニューヨーク染んだようなオーラを出していたとのこと。だが、渡前に全く喋れなかった英語については「部さんの英語は1回も聞いていません」とバラしている。

 この報告には世間も「部、本当に大丈夫なの」「絶対、英語勉強する気ないよな」「ニューヨーク染むことよりまず英語の勉強しろよ」と呆れる人多数。

天狗になりがちで、何かと自分を大きく見せようとする部ですから、英語が上達しているのであればその成長ぶりを渡辺に見せつけていてもいいはず。全く英語を喋っていなかったということは本当に英語の勉強にはノータッチなのでしょう。7日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に相方又吉直樹が出演し、部の近況について『ようやくこの間、学校を見学に行ったそうです』と説明していましたしね」(エンタメライター

 部のインスタにはニューヨーク並みなどの写真開されているが、これについてはダウンタウン松本人志も「こんなことしてる場合じゃないんじゃないですか?」と、にツッコんでいた。いよいよ部の渡的がわからなくなってきた。

田中康)

アサジョ