ビーズ2017年12月14日、 同社インテリアブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より、中学生高校生向けに開発した、上下昇降機付き勉強机「スクールスタンディンデスク」を発売する。価格はオープンライスで、店頭予想価格は1万8,000円(税別)。

シリコンバレーの大手IT企業をはじめ、世界の先端企業オフィスでは、スタンディンデスク(立ち机)を使った「立ち仕事」が既に定番化している。 教育現場にを向けると、教育フィンランドスウェーデンなどの北欧や、多数の先端企業を擁するアメリカなどで、積極的に「立ち勉強」を推進する学校も存在する。スタンディンデスクで座りすぎによる弊を解消できる、姿勢を変えることで心理的なメリットも得られるなど、世界的に注が集まっている。

日本では、受験勉強はから晩まで椅子に座って取り組む、というのが常識とされているが、上述の世界の潮流から見ると時代遅れといえる可性がある。これからは、時間帯や学習内容に応じて「立って勉強する」時代であると考え、Bauhutteは本製品を開発したとのこと。なお高さは調整できるので、座ってでも立ってでも使用可だ。

■製品概要
ブランド名:Bauhutte(バウヒュッテ)
商品名:スクールスタンディンデスク
番:カラーBHD-600H-NA:ウッド、BHD-600H-BK:ブラック
サイズ:幅639mm×400mm×高さ700~1080mm(キャスター取付時+50mm)
重量:11.2kg
耐荷重:フック:3kg、引き出し:5kg、40kg未満



スクールスタンディングデスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
OPENREC.tv、「ジャンプフェスタ2018」における任天堂ブースのステージイベントを配信
TENGA、女帝杉本彩&川崎貴子が悩める女性の相談に本気アドバイスするイベントを開催
2017年最新の帰省みやげはこれだ!「東京みやげランキング」トップ10を発表
「メルカリトレンドワード2017」を発表
ソニーのロボット・プログラミング学習キット「KOOV」の体験会を開催