名古屋発アイドルグループ、チームしゃちほこが14日、東京・お台場のZepp DiverCityで「出張!冬の台場クリスマスライブ」を行った。

【大きい画像を見る】チームしゃちほこ、ニューシングル『JUMP MAN』のリリースを発表


 ライブが始まると、まずはゴスペル隊VOJAを従え『きよしこの夜』のアカペラを披露。『しゃちBEST 2012-2017』ファン投票1位を獲得した「colors」のイントロが鳴り響き、メンバーカラーのサンタ衣装に身を包んだ5人の姿がライトアップされると会場は盛り上がった。

 さらに、咲良菜緒が「今日は初のクリスマスライブ、最後まで楽しんで行きましょう!みんな体がまだあったまってないんじゃない、ジャンプ!」と路上デビュー曲『恋人はスナイパー』さらに『乙女受験戦争』『そこそこプレミアム』と初期の頃のBEST盤収録作品を次々披露。ここで、ステージに2人のサンタが登場し、何やらプレゼントらしきものを2種類置いていった。

 1つ目は所属するレーベルunBORDEサンタからのお手紙が。メンバーが読み上げると、チームしゃちほこへのプレゼントとしてニューシングル『JUMP MAN』が、2018年2月28日に用意されたことが書かれており、『JUMP MAN』とは“幸せの使者”のことで、チームしゃちほこの持ち味である明るさや楽しさをもっともっと『JUMP MAN』を通じて全国に届けて欲しい、そして飛躍してほしいという内容だった。さらにもうひとつはスポーツのミズノサンタからシューズと手紙が。シューズのかかとにはメンバーが一番好きだというフレーズなどが刻まれており、手紙には、これからもミズノはしゃちほこのパフォーマンスを足元からバックアップしていくことを約束すると書かれてあった。

 その後、この日に向けて用意したクリスマスメドレーを披露。「今日がチームしゃちほこ最後のワンマンライブなんだよね~」と秋本帆華が今年を振りかえるトークを始め、「アルバムツアーやしゃちフェス、舞台に学祭など2017年ははじめての貴重な体験が沢山できた、2018年もこれからもずっとよろしくお願いします!」と呼びかけた。最後に、締めのトークで秋本帆華が、「2017年ほんと濃い1年だったな~って思いながら歌ってたんだけど、みんなの笑顔みてたら2018年もきっといい年になるなって思った、これからも一緒に歩いていこうね、今度は名古屋でもしゃちクリやりたいな!メリークリスマス」と2時間20分に及んだ熱いライブを締め括った。

 チームしゃちほこは、23日に所属レーベルの『unBORDE Xmas Party 2017』に、きゃりーぱみゅぱみゅやWANIMA他と出演、翌24日には地元名古屋でBiSH他「2YOU MAGAZINE 10th Anniversary「nice2meetYOU」に、さらに28日には幕張メッセで行われる「rockin’on presents COUNTDOWN JAPAN 17/18」にも登場する。さらに、大晦日には2年連続で地元「名古屋城 カウントダウン・ライブ」で年を越す。そして、2018年2月3日愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール、2月10日Zepp Tokyoで鯱詣2018を開催する。【ほかの画像を見る】チームしゃちほこ、ニューシングル『JUMP MAN』のリリースを発表
チームしゃちほこ、ニューシングル『JUMP MAN』のリリースを発表