「猫を飼いたい!」と親に何度訴えても許してくれなかった…。

子供の頃にこの様な経験をした人も多いのではないだろうか。

「何で?」「何で?」「何でなのー?」と、行き場のない疑問と切なさを無理矢理のみ込んだことがあったのでは?

今回ご紹介する13歳の少女は涙を呑んで引き下がるのではなく、その怒りや悲しみを堂々と表明する手段に打って出た。

米テキサス州に住むダニエル・グラビシックさんの妹は、再三にわたり父親に猫を飼うことを願い出たようだ。

しかしどうしても許してくれないので、彼女はその悲しみを絵や文字にして、家の壁にベタベタと貼り付けて抗議した。

そのうちの1枚がこちら。

ニャンコの目からこぼれ落ちる涙。

この涙はパパのせい。

だそうだ。

抗議文は他にも。

「何で?何でダメなの?」「お願い、お願い、お願いします!」などの切なる願いに加え、「パパは無垢な命を死に追いやっている」「あの子たちを寂しく死なせるなんて…」「猫は家族のぬくもりを知らずにこの世を去る」といったパパの良心に訴えかける言葉も。

切なそうな表情を浮かべるニャンコの写真と並べれば、効果倍増といったところか。

数多のメッセージや写真が貼り出されたその様は、さながら嘆きの壁の様だ。

そんな娘の必死の訴えを一身に受けてきたのがパパ。

立派なニャンコを膝に抱いている。そう、このコが娘に飼うようせがまれた猫とお見受けする。

娘の突き上げと良心の呵責にさいなまれ、心なしかトホホ…な表情に見える。

姉は一連のエピソードをTwitterに投稿。

My little sister made a “wall of sorrow” to make my dad feel bad so she could get a cat.. well it worked pic.twitter.com/TMiGVmQzSF

— Danielle Grubisic (@Itsssdanielle) 2017年12月10日

妹は「悲しみの壁」をこしらえパパの良心に訴えかけて猫を飼おうと試みた。結果は思い通りに。

同ツイートには9万1000人を超える人が「いいね」し、リツイートされた件数も3万2000件を超え話題に。

一部の海外メディアでも取り上げられ、「ポニーが欲しい場合も有効かな?」「これではパパも許さざるを得なかっただろう」「これは賢い(笑)」「この手で車をおねだりしてみる」といった声が寄せられている。

猫を飼いたい!13歳少女の「パパを説得する方法」が斬新