12月14日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演した壇蜜が、騒動を巻き起こした宮城県のPR動画について舞台裏を明かした。

【写真を見る】胸元を強調した真っ赤なドレスに身を包む壇蜜

7月に配信された宮城県の観光PR動画に出演した壇蜜だが、カメの頭を撫でるなどのセクシーすぎる演出が災いして間もなく削除される騒動となった。

浜田雅功は「(監督から)言われた通りやってるっていうことやもんな」と、壇蜜に対して同情する。壇蜜も恥ずかしそうに恐縮しながら「CGで加工する場面が多かった」「(順番通りに撮るのではなく)ブツ切りで撮るので」と撮影時の様子を説明し、「こういう風なものができるというのは、最後の最後までわからなかった」と釈明する。

続けて松本人志が「壇蜜さんとしては、撮ってて『これちょっとエロくないですか?』みたいなことは言わなかったの?」と質問。

すると壇蜜は「(撮影現場はみんな)やっぱ真剣なんですよね」「(カメの頭の)撫で具合いとか」と返答し、細かい部分も必死に取り組んで撮影していたと明かした。

さらに壇蜜は「そうなると分からないんですよ。『これが倫理に反しているのかどうなのか?』って」とも付け加えた。

次回の「ダウンタウンDX」は12月21日(木)放送予定。(ザテレビジョン)

騒動を巻き起こした宮城県のPR動画について舞台裏を明かした壇蜜