マルハニチロは12月14日、「とんかつに関する調2017」の結果を発表した。その中で、“とんかつ恋愛”についても質問している。

この調は、全15歳59歳の“とんかつ”を食べることがある男女に対して行ったもの。全回答者(1,000人)に、初デートで“とんかつ”を食べることをどう思うか聞いたところ、「うれしい」(「非常にうれしい」「どちらかといえばうれしい」の合計)58.7、「うれしくない」(「非常にうれしくない」「どちらかといえばうれしくない」の合計)41.3で、「うれしい」が「うれしくない」を17.4ポイント上回った。初デートの食事で“とんかつ”は、アリの人が多いようだ。

男女別にみると、「うれしい」は男性63.2%女性54.2%で、男性のほうが高くなったものの、女性でも過半数となった。

次に、パートナー(配偶者や人)がしているとガッカリしてしまうと思う、“とんかつ”の食べ方を質問。

すると、1位とんかつの衣をはがす」(34.3)、2位「やたらとうんちくをる(このは…、ここの油は…など)」(31.0)、3位「自分のこだわりを押し付けてくる」(30.1)、4位「揚げ方などに文句を言う」(26.9)、5位「とんかつソースを大量にかけ、ベトベトにして食べる」(21.7)という結果になった。

衣をはがしてしまっては、サクっとしたごたえとジューシーなおを一緒に味わえないだけでなく、見たにも美しい食べ方とは言えないので、幻滅してしまうものとみられる。また、“うんちく”や“こだわりの押し付け”“揚げ方に文句”“ソースを大量”といったこともNGな食べ方のようだ。