MBSほかで放送中のテレビアニメ「血界戦線&BEYOND」の最終回放送直前ビジュアルが公開された。

同作は、「ジャンプSQ.CROWN」(集英社刊)で内藤泰弘氏が連載しているバトルアクション漫画「血界戦線(血界戦線 Back 2 Back)」のアニメ化第2シリーズ。異界(ビヨンド)と人間界が混ざり合う都市ヘルサレムズ・ロットを舞台に、無類の力を誇る「ブレングリード流血闘術」の使い手であるクラウス・V・ラインヘルツ率いる秘密結社ライブラが、世界の均衡を守るべく、人知れず戦いを繰り広げる。

12月16日から放送される第11話と、23日以降の第12話では、原作の人気エピソード「妖眼幻視行」を前後編でオンエア。このほど公開されたビジュアルは、クライマックスに向けて原作者の内藤氏が原案、キャラクターデザインを手がける川元利浩が原画を担当し、ヘルサレムズ・ロットで起きる事件に立ち向かうクラウスやレオナルド・ウォッチといった、秘密結社ライブラの面々を描いている。

(C) 2017 内藤泰弘/集英社・血界戦線&BEYOND製作委員会