インスタ映え」という言葉が2017年の新・流行に選ばれましたね。この先、Instagramに代わるSNSが登場する可性は十分にありますが、投稿する先のSNSが何になったとしても、写真映えのする、友だちに自慢したくなる風景グルメは変わらずめられていくはず。



そこで今回は岐阜県観光地の1つ、郡上八幡美しいロケーションにある「インスタ映え」間違いなしのパフェを紹介したいと思います。

 
ロケーション抜群の宗で食べる和のスイーツ


そもそも郡上八幡という岐阜県観光地をご存じですか? 戦国時代末期1559年に歴史が始まる郡上八幡を中心に栄えた下町で、1652年に起きた大火を経て現在の町並みが整備された歴史があります。大火を受けて町が作り直された際には、至る所に防火的で路がめぐらされました。今でも民家の軒先には消火用のバケツがぶら下がっています。

その澄み渡った路は防火のためだけでなく、生活用としても利用されています。清流とともに生活する人々の暮らしは情たっぷりで、内外から多くの観光客が訪れ、地元の方々の清らかな生活風景を眺めて楽しんでいます。

その郡上八幡の必見スポットの1つに、宗(そうぎすい)と呼ばれる清水があります。日本選の第1号として知られていて、内外から訪れた観光客は、その宗を見下ろすような石畳の散策路で足を止め、ガイドの解説に聞きを立てています。まさにその宗を取り囲むようにそびえたつ石垣の上に、今回紹介するパフェを出すお店があります。

もともとは民家だった場所をカフェに回収したお店の名前は『お抹茶処 宗』。宗を眺める観光客の間を縫って石段を上がり、足を運んでみてください。

 
パフェがお当てのスイーツ


たたきと上がりがまちの段差が大きい玄関で靴を脱いで店内に上がり込むと、の疲れや緊がふっと緩む、落ち着いた間が広がっています。

店内は畳の席が基本で、筆者が通された一は、西向きの広い開口部から日本庭園が見え、の前の小駄良の気配が伝わってきました。祝儀敷きの八畳間が2部屋連なっていて、欄間(らんま)や床の間もある本格的な和室です。店内が較的いていたため、床の間のの前という上座を用意してもらいました。

当ては、もちろん宗パフェ。品のいい甘さが魅のほうじゼリー抹茶アイス白玉を覆うような形で上品なクリームが敷き詰められており、その上には抹茶郡上おどりのイラストが描かれています。遠い席では若い女子たちの2人組が同じく郡上パフェを楽しんでいましたが、予想通りパシャパシャと写真を撮影していました。

セットでは抹茶抹茶ラテなどが注文できます。TABIZINEの過去記事「6つのお茶のうちどれがマナー違反かわかりますか? 〜マナークイズ【4】喫編〜」の作法で言えば、抹茶を頼んだ場合、お菓子に該当するパフェを先に全ていただき、口に甘みを広げてから、最後に抹茶の苦味でしめるという楽しみ方が良さそうですね。

パフェ抹茶セットで頼むと1,400円(税込)になります。せっかくですからセットで頼んで、とことん満喫したいですね。

 

以上、「インスタ映え」する郡上八幡スイーツを紹介しましたが、いかがでしたか? 『宗』でスイーツを食べてお店を出ると、眼下に宗が見えてきます。時間帯によっては団体観光客が背伸びして、人混みの間に間に眺めているほど人気のスポット。『宗』に入店すれば、帰るときにはにも邪魔されずに宗を見下ろせます。その意味でも、とりあえず郡上八幡観光では立ち寄っておきたいお店と言えそうですね。



[宗]
[All photos by Masayoshi Sakamoto]

【郡上八幡】話題の古民家カフェ!「インスタ映え」間違いなしの抹茶パフェ