文・取材:カナダ長田

 2017年12月8日VirtuaLink in DiverCity Tokyo Plazaにて、『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』の発売を記念するメディア向けのクリエイタートークショウが実施された。また、同日のには、『バイオハザード』の公式コミュニティバイオハザードアンバサダー”向けのスペシャルイベントも開催。本作の開発や特別ゲストが登壇し、『バイオハザード7』の制作秘話を思う存分ってくれた。本稿では、そんなふたつのイベントの模様をお届けする。



【画像43点】「『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』発売記念イベントをリポート! 恐怖を追求した開発陣による制作秘話が満載」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

【登壇者】
川田将央氏(シリーズプロデューサー
神田剛氏(プロデューサー
中西史氏(ディレクター) ※バイオハザードアンバサダー向けスペシャルイベントのみ
之氏(アートディレクター
鉢迫 渉氏(サウンドディレクター
中子介氏(VirtuaLinkプロジェクトリーダー) ※メディア向けイベントのみ
てんちむタレントバイオハザードアンバサダー) ※メディア向けイベントのみ

エンド オブ ゾイ”実機プレイでは素手で戦うジョーの姿も

 メディア向けイベントオープニングでは、まず川田氏が登壇。『バイオハザード』のコンセプトは“恐怖”であると述べ、『バイオハザード7』では、テクノロジー部分などに関して「恐怖に回帰するように開発を進めてまいりました」と、挨拶とともにった。

 続いて、今回のイベント会場であるVirtuaLink in DiverCityが、『バイオハザード7』とコラボレーションすることが決定し、VirtuaLinkプロジェクトリーダー中子氏も登壇。2017年12月9日(土)~2018年1月31日)の期間、前日譚にあたる『バイオハザード7 ビギニングアワー』を、VirtuaLink in DiverCityで体験できることが明かされた。さらに、ゲームプレイの際に着席するポッドイス)の一部は、今回のコラボに合わせて本作のDLCNot A Hero”の仕様に。フォトスポットとして、ジャックのスタチューも設置されることとなった。




 中子氏がステージを後にすると、ここからはいよいよ『ゴールド エディション』の紹介と、本作の後日譚に当たるDLCエンド オブ ゾイ”の情報開へ。ここでは新たなゲストとして神田プロデューサーてんちむが登壇し、“エンド オブ ゾイ”の最新映像を紹介した。映像には、石灰化されたゾイや彼女を助けようとする謎の男ジョーの姿。そして、「お前家族だ」とゾイにり掛けるジョーなど気になる内容が盛りだくさん。


 さらに、会場では神田氏による“エンド オブ ゾイ”の実機プレイ開。今回はベイカの近くにあるジョーの小屋を舞台に、ジョーを操作して、石灰化したゾイを治すためのを取りに行く部分を確認できた。小屋の中にはゾイとアンブレラ兵が横たわっており、外に出ると複数のモールデッドの姿も。

 モールデッドに対してジョーは一体どのような方法で戦うのか……と楽しみに映像を見ていると、さっそく神田氏がモールデッドに対して攻撃を開始。ジョーはなんと拳でモールデッドに殴り掛かり、そのまま近接攻撃を行った。アクションゲームを彷彿させるほど快な連続殴打で、モールデッドの顔面をえぐるジョー。加えて、倒れたモールデッドに対しては、ストンピング攻撃でとどめの一撃。背後からこっそり接近することも可となっており、不意打ちをするとモールデッドの顔面を素手でかち割る人的なアクションが見れるなど、これまでの『バイオハザード』とはひと味違うプレイが楽しめそうな内容となっていた。そして、を手に入れて小屋に戻ると、なんと小屋が燃やされており、そこでは一だけだが新たなモールデッドのような姿も。なんとか小屋からゾイを救出し、ジョーはボートに乗って……というところで、神田氏の実機プレイは終了した。


 そして、ここからはてんちむが、神田氏がプレイしたデータの続きを、プレイステーション VRで体験。ボートで移動した後のジョーを操作し、ゾイを抱えて陸へと上がろうとする。しかし、ここでなんとワニに襲われる事態に。予想外の敵の襲来に、あっけなくやられてしまった。短時間しか体験することができなかったてんちむだが、今回のプレイを通して、とくにゾイの魅に惹きつけられた様子。川田氏も今回のDLCはゾイにスポットが当てられているということで、クリエイターがゾイのグラフィックを入れていたと述べ、VR越しに見るゾイの姿にてんちむは釘付けになっていた。


 ちなみに、アンバサダー向けのイベントでは、中西氏による実機プレイが披露された。基本的な内容は同じだったが、ここではジョーユニークな体回復の方法をにすることができた。ユニークな回復方法に関しては、会場だけの秘密ということだったので、ぜひ自身ので確かめてほしい。


開発制作の裏側を

 つぎに行われたのは、地氏と鉢迫氏も交えてのトークセッション。ここでは、まず“PlayStation Awards 2017”などで受賞したトロフィーなどが開され、本作の反について川田氏が言及。また、本作がVR全対応だったことに対する手ごたえも大きかったようで、「新しいゲーム体験というのも、評価に結びついたのではないかなと思います」とった。


 続いて、開発テーマに沿って、本作の制作秘話などについてトーク。最初のテーマである“キャラクターの個性”では、とくにベイカの強な個性が、ユーザーには好評だったとった。また、敵としても登場したヒロインミアに関しては、長い髪の毛にとても苦労したらしく、地氏によると、動いているときのの動きがなかなか怖さに結びつかず、試行錯誤したとのこと。本作が、恐怖に対して非常に細かい部分にまでこだわっていることがよくわかる、重な話を聞かせてくれた。


 ふたつテーマヒロイン”については、神田氏が作中での究極の選択などを例に挙げ、本作ではミアとゾイの存在が非常に大きかったと解説。地氏は「悲壮感はあるけど、ヒロインでなくてはならない」と、ビジュアル面でのヒロインに対するこだわりについて触れ、小汚くしてはいけないけど美しすぎてはいけないという、バランスに気をつけたとった。



 3つテーマでは、一人称視点のため最後まで顔が見られなかった“主人公・イーサン”についてトークを展開。川田氏によると、本作はプレイヤーがつねに確認できる主人公パーツとして、“手”を主人公ととらえて開発を行っていたとのことだ。そのため、なんと主人公の表情などを手から読み取れるよう、手の動きには専用のモーションキャプチャーなどを使っていることが明かされた。さらに、鉢迫氏は主人公セリフについて「ヒーローというよりも、一般の男性という形でセリフを構築していった」と話し、イーサンがいままでのシリーズカッコいい主人公とは少し異なることをアピール。イーサンが感じている恐怖などをプレイヤーに共感してもらえるよう、セリフはもちろん息遣いも心がけたと話した。ちなみに、主人公の顔は用意はされていたようだが、イケメンすぎて怖くなってしまうという理由から、使わなかったらしい。


 4つの“戦闘”に関する裏話では、モールデッドから発せられる音が、鉢迫氏のお風呂掃除から発想されたものであったことが判明。排水溝に溜まった髪の毛を見て、質感がモールデッドと似ていることから、髪の毛がきしむような音をモールデッドの動きに取り入れたという、意外な話が飛び出した。

 そして、最後のテーマである“シナリオ”については、なるべく説明を出し過ぎず、入手できるアイテムや資料からストーリーを感じ取ってもらえるように気を遣ったとのこと。また音楽についても、なるべく入れ過ぎずに恐怖を感じてもらえるよう、雰囲気が感じ取れる程度の音楽に注したと鉢迫氏が述べた。


開発中のさまざまな資料が開されたアンバサダー向けイベント

 ここからは、中西氏を交えて行われたアンバサダー向けイベントでのトークセッションリポートしよう。こちらのセッションでは、映像などの資料を交えて制作の裏側を開。中西氏、地氏、鉢迫氏が、それぞれの視点で、本作のこだわりのポイントを紹介した。


 まず、中西氏は本作の開発中映像を流し、ボツになってしまった案など開。開発中映像の中には、リュックのようなものを背負った警察官の姿や、そんな警察官をスコップ刺しにして持ち上げるジャックの姿が。さらにガレージでの戦闘では、ジャックを放り投げてくるという快な演出も確認することができ、あまりにも人間離れしたジャックの怪に、来場者も思わず笑ってしまうほどだった。


 続いて地氏は、映像面のこだわりとして本作で取り入れた“フォトリアル”と“アイソレトビュー”の技術について紹介。ふたつの技術を取り入れることで、ジャックの外見やキャラクターの動きがどのようにして作られていったのかを、実際の開発の様子を交えながら解説してくれた。さらに、本作は背景作りにも非常にを入れており、舞台となっているアリゾナ州へ実際に撮影に行ったとのこと。とくに、実写映像のようだと好評だったという、序盤でイーサンがを運転しているシーンに関しては、なんと360度撮影可カメラを利用して、実際の映像に木を増やすなどの加工を加えたもの使っているということもってくれた。つまり、イーサンの運転中に見ることができたアリゾナの色は、ほぼ実写と言っても過言ではないのだ!


 つぎに、サウンドディレクターの鉢迫氏は本作の音全般がどのようにして作られていったのかを、実際の開発の様子などを写した資料と共に解説。映像がとても作り込まれていることに驚いたという鉢迫氏は、サウンド面でも徹底的にこだわろうということで、“フォーリー”と呼ばれる実際のものを使った録音方法で、あらゆる音をいちから収録。ドアを開ける音にいたっては、ドアの形などに合わせて約100種類の音を録ったという、驚愕の逸話も飛び出した。そのほか、本作の舞台は湿地帯ということで、琵琶湖を録ってきたという話も。どうせなら、だけでなくも塞いでもらえるような恐怖を演出したかったと、本作の音に対する熱意もってくれた。


 そして、開発トークセッションも終わると、イベントもいよいよ終盤に。川田氏は、「ここにいる人間が汗たらして作った自信作となっておりますので、ぜひ機会があればプレイしていただきたいと思います」とり、イベントを締めくくった。