恋愛中、一番気になるのは相手の気持ちですよね。でも、ときには好きな人からの反応が思わしくないことも……。もしかしてあの冷たい態度は私に興味がないから? それとも単なる「照れ隠し」? 男性が照れ隠しをするとき、どんな態度をとるのか、その裏にはどんな心理が働いているのか、男女の心理のちがいに詳しい、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞きました。

恋愛中に、男性の態度に「照れ隠し」を感じたことがある?

好きな男性の行動がなんだかおかしい。自分のうぬぼれかもしれないけれど、あれはもしかして「照れ隠し」? そんなことを感じたことがある女性はどのくらいいるのか調べてみました。

好きな相手が「照れ隠し」をしていると感じたことがある女性は約6割

Q.あなたは、好きな男性が「照れ隠し」をしていると感じたことはありますか?

好きな男性が「照れ隠し」をしていると感じた経験

・ある……57.6
・なし……42.4

約6割の女性は、好きな相手が照れ隠しをしていると感じたことがあるという結果に。その理由を具体的に紹介します。

好きな男性が「照れ隠し」をしていると感じた理由は?

・「ツンデレな対応。うれしいのに強がってみたり」(26歳/機械・精密機器/技術職)

・「2人きりでいるときに、そっぽを向きながら言で手を差し出してきた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏に対して『~そういうところが好き、ありがとう』と伝えたら、『え、そう?』と言いながら照れていた」(27歳/医療・福秘書アシスタント職)

・「褒めたときに、顔がにやけつつも冷静を装った回答をするときがある」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「褒めたら急にそわそわして、そんなことない、たいしたことないとやたら饒舌でかわいい」(27歳/医療・福/販売職・サービス系)

・「愛してるなどの言葉を、適当な歌にしながら言ったりなど、素直に言うのは恥ずかしいようでした」(27歳/マスコミ広告/営業職)

・「褒めたときにを合わせないで、どこかを向いてしゃべる」(29歳/情報IT事務系専門職)

男性を褒めた場合に、女性は照れ隠ししていると感じることが多いようですね。クールだったり、そっけない態度をとる男性を見て、そう感じるようです。

■「照れ隠し」に男性がとる態度とその理由

では、実際に男性が照れ隠しでとる態度にはどんなものがあるのでしょうか? また、なぜそんな行動をとってしまうのでしょうか? 織田隼人さんに照れ隠しの可性があるいくつかのパターンと、男性の心理を聞きました。

態度1:イタズラ、ちょっかいを仕掛けてくる

素直に「相手をしてほしい」とは言えないけれど、自分に構ってほしい……。そう考える男性の中には、イタズラを仕掛けてくる場合があります。イタズラをすれば、少なからず相手の女性は反応してくれます。男性はその反応を引き出し、コミュニケーションにつなげようとしているのです。

イタズラやちょっかいを仕掛けてくる男性は、「コミュニケーションをとろう」という意図を持っているのかもしれません。

態度2:クールっぽい態度で振る舞う

クールに振る舞っている男性は以下のどちらかです。

ひとつめは内向的な性格だから。もうひとつは素の自分を見せると、格好悪く思われるかもしれない不安を持っているから。

男性同士ではクールな態度は見せず、女性相手にのみクールに振る舞う場合は、たいていが素の自分を見せることが恥ずかしい、照れ隠しのパターンと言えます。女性の前でクールになる男性は、好きな女性の前ではさらにクールになる(実は内心では固まってしまっている)ことが多いのです。

態度3:突然そっけなくなる

これまで仲よく話していたのに、急にそっけなくなる男性っていますよね。これは、「急に冷たくなったんだから、何かしら反応してくれるだろう」という、男性からすると『押しと引きのテクニック』を使った状態となります。女性からすると面倒なことかもしれませんが、やさしく話しかけてあげるといいでしょう。また、向こうからも親しげに話しかけてくるでしょう。

態度4:上から目線な態度をとる

自分から好きになると『負け』という考え方をする男性もいます。そういった男性は勝ち負けにこだわるため、態度も上から目線になりやすい傾向があります。常に人よりも上位に立って、安心していたいのです。

女性に対してすごく上から目線になるのも、相手に対して好意を持っているのを隠している、一種の照れ隠しの場合が多いのです。その男性にとっては、先に惚れたら「負け」となってしまうからです。

態度5:やさしくなったり冷たくなったりを繰り返す

特に、ほかの男性と話したあとに冷たくなり、そうでないときにはやさしいという場合には、「ヤキモチ」が態度に表れていると言えます。

ヤキモチ」は普通競争心に火をつけるものですが、「心がバレたくない」という男性は、好きな女性ヤキモチを焼いているときに、冷たい態度をとってしまうことも多いのです。

態度6:ほかの女性べてよそよそしい態度をとってくる

好きな気持ちを気づかれることが恥ずかしい、ということでよそよそしい態度をずっととってくる男性もいます。自分にだけよそよそしい態度をとるのに、なぜかが合うことが多い場合は、このケースかもしれません。

好きな気持ちを悟られたくはないけれど、好きな人は見続けたい。そんな心理から、ついよそよそしい態度をとってしまう男性も少なくありません。

■「照れ隠し」する男性への対処法

もし好きな男性が照れ隠しの行動をとってきたら、どうするのが効果的なのでしょうか? 「照れ隠し」する男性への対処法についてもお聞きしました。

対処法1:を見て話す

照れ隠しをする男性は恥ずかしがり屋が多いので、じっくりとを見て話そうとするとちょっと及びになります。しかし、好きな人のというのは見つめていたいもの。結局はが離せなくなってしまうことが多いのです。

を見て話すと、男性ウソをつきにくくなったり、調子に乗りにくくなったりするので、相手を見極めるためにも、じっくりとを合わせて話すようにしましょう。

対処法2:物理距離をつめる

近くに立ったり、顔をちょっと寄せて会話をしたりすると、それだけで物理距離が近づきます。物理距離が近づけば近づくほど、相手は緊しておかしな行動をとりづらくなります。おかしな行動=調子に乗った行動がしづらくなれば、ある程度の照れ隠しを防げます。

ただしクール系の照れ隠しをする人は、恥ずかしがって結局黙ってしまうことも多いので、そのあたりは見極めが必要です。

対処法3:「な話」と前置きをする

照れ隠しをする人は、ふざけた態度をとったり、まじめな会話を化してしまったりすることがあります。あえて、「な話、○○ってどうですか?」というように、な話を強調すると照れ隠しをしづらくなります。「な話、一緒におでも行きませんか?」という内容でもOKです。それだけで会話が直球になるので、相手はごまかすことができず、話も進めやすくなります。

■「照れ隠しをする男性心理と対処法」まとめ

男性の照れ隠しにもいくつものパターンがあるんですね。ひょっとしたら男性のほうがデリケートだったりするのかもしれません。気になる男性が照れ隠しと思われる行動をしてきたら、さっそく上記の対処法で距離をつめていきたいものです。

(監修:織田隼人、文:おぜきめぐみ

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調日時:2017年10月25日10月26日
調人数:396人(2234歳の女性

あれは「照れ隠し」? 気になる女性に冷たい態度をとる男性心理を専門家が解説