テレビアニメ化が決定していた「シュタインズ・ゲート ゼロ」が、2018年4月から放送を開始することがわかった。TOKYO MXほかで再放送中の前作「シュタインズ・ゲート」終了後のスタートとなる。12月14日、「シュタインズ・ゲート」シリーズの主人公・岡部倫太郎の誕生日を記念して発表された。

「シュタインズ・ゲート ゼロ」は、MAGES.(5pb.)とニトロプラスが展開するゲーム「科学アドベンチャー」シリーズ第2作「シュタインズ・ゲート」の続編。11年にテレビアニメ化された前作では、偶然タイムトラベルの方法を発見してしまった岡部が、幼なじみの椎名まゆりが死んでしまう未来を変えるべく、幾度となくタイムトラベルを繰り返し、若き天才科学者・牧瀬紅莉栖ら仲間たちとともに、非人道的な実験を進める国際的研究機関SERNの闇に挑んだ。「シュタインズ・ゲート ゼロ」では、岡部が、まゆりに代わって死ぬ運命にあった紅莉栖を救うことを諦めたβ世界線を舞台に、彼女の死をトリガーとした第3次世界大戦にまつわる物語が展開される。

放送時期の発表に合わせて、アニメプロモーションビデオ第1弾も公開された。Amadeus(アマデウス)と呼ばれる人工知能システムに移植された紅莉栖の人格が、岡部に語りかけるという内容で、まゆりや橋田至といったおなじみの顔ぶれが、冬の装いで登場。物語のカギを握る新キャラクターで、紅莉栖の先輩科学者である比屋定真帆も姿を見せている。

岡部役の宮野真守、紅莉栖役の今井麻美、まゆり役の花澤香菜、橋田役の関智一らメインキャストが、前作から引き続き出演することもわかった。真帆役の矢作紗友里、まゆりの娘・椎名かがり役の潘めぐみ、橋田と結ばれ、前作に登場した未来人・阿万音鈴羽の母になるとされる阿万音由季役の田村ゆかりらは、ゲーム版からの続投となる。

スタッフは、新たに「そにアニ」でニトロプラスとの縁も深い川村賢一が監督を務め、「バディ・コンプレックス」の稲吉智重がキャラクターデザインとして登板。シリーズ構成の花田十輝とアニメーション制作のWHITE FOXは、前作から引き続き参加する。

阿万音由季(CV:矢作紗友里) (C) 2018 MAGES./KADOKAWA/未来ガジェット研究所 (C) 2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners