Galaxyは12月5日から25日までの期間、東京・六本木ヒルズで、同社の最新製品を体験できるイベント「Galaxy Studio Roppongi Hills」を開催している。

実際に記者も潜入し、10月に発売されたばかりのスマートフォン「Galaxy Note8」を使ったコンテンツを体験した。

まるでテーマパーク

「Galaxy Studio Roppongi Hills」では、Galaxyシリーズの最新作、例えばコードレスイヤホン「Gear IconX」やフィットネスバンド「Gear Fit2 Pro」などを手に取って体験できる。しかし、ただの展示イベントではない。

「エンターテイメントパーク」をコンセプトにしており、「楽しみながら」製品の世界観を感じることができる。VR(仮想現実)ゴーグル「Gear VR」の展示スペースには、宇宙船をイメージした椅子を設置。ゴーグルを装着し席に着くと、360度宇宙が広がり、コントローラーを使った射撃ゲームを楽しめる。

体験はすべて無料。営業時間は11時~20時。

Sペンでクリスマスカード作り

12月13には、メディア向けの「Note8」体験会が行われ、インスタグラマー・フォトグラファーの6151(ロクイチゴイチ)さん、イラストレーターのスヨンさんがゲストに登場した。

6151さんは、Note8で「インスタ映え」する写真撮影のコツを伝授。ポイントは以下の3つで、シーンに合わせて意識して撮ると効果的だ。

1、二次元を意識し、対象物をまっすぐに撮る。
2、地面スレスレや目線より上から撮るなど、撮影時の視点を変えてみる。
3、カメラの明度・彩度を調整し、色で空気感、温度感を表現する。

スヨンさんからは、Note8に付属するタッチペン「Sペン」を使い、6秒間のGIFアニメーションが作成できる「ライブメッセージ」機能を使ったクリスマスカード作りが紹介された。

記者も実際に挑戦。クリスマスツリーを撮影し、Sペンで文字やイラストを描き込む。ペン先は約0.7mmと通常のボールペンほどなので、細かいイラストも描きやすい。

雪の結晶や星を書き込み「装飾」を重ねると、味気なかったもみの木が、立派な「クリスマスツリー」に変身した。

クリスマスや正月、バレンタインに、グリーティングカードならぬ「ライブメッセージカード」を作成し、友人や家族に送るのも良いかもしれない。<J-CASTトレンド>

(左から)スヨンさん、6151さん