女優高梨臨が、将棋界初となる永世七冠を達成した羽生善治氏との2ショットを自身の公式Instagram開。あこがれの人との夢の共演に「あぁ…生きててよかった」と喜びを爆発させている。

【写真を見る】高梨は「あぁ…生きててよかった… 」と喜びを爆発

開された写真は、高梨MCを務めた年始特番の将棋バラエティー「一・二・三!羽生善治の大逆転将棋」(2018年1/37:30~、NHK BSプレミアム)の収録時のもの。高梨にとっては今回がMC初挑戦。高梨自身、以前から将棋好きを言しており、喜びもひとしおだ。

そんな高梨にとって、今年12月渡辺明竜王からタイトルを奪い、史上初の「永世七冠」(名人・王位・王座・棋王・王将棋聖竜王)を達成した将棋界の至宝羽生氏はあこがれの人。“初MCであこがれの人との共演”という夢のような機会に、高梨は「私の永遠の憧れ、羽生善治さんと同じ番組に… あぁ…生きててよかった… 緊しすぎて、あんまり覚えていません。自分で放送をみるのが怖いです。。 」と感量。投稿には「#羽生善治 さんと」「#ツーショット」「#震えます 」「#震えてます」「#永世七冠おめでとうございます」と、喜びがにじむハッシュタグも並んだ。

この日の収録には加藤一二三さんもゲスト出演。そんな中でのMC初チャレンジ高梨にとって忘れられない経験となったようで「加藤一二三さんをはじめ、一流の棋士の方々とご一緒させていただき、本当に贅沢な時間を過ごさせていただきました。将棋がわからない方も楽しめる番組になっておりますので、来年までお楽しみに ~」と喜びいっぱい、強くアピールした。(ザテレビジョン

初MCで憧れの羽生善治氏と共演し、感激する高梨臨