DMM.com POWERCHORD STUDIO2017年12月15日に正式サービスを開始した「ウイニングハンド」(iOS / Android)は,ポーカーモチーフにしたスマートフォン向け対戦カードゲームだ。役をえて強召喚獣を呼び出すことで,でも簡単に爽快感あるカードバトルが楽しめる。

 今回4Gamerでは,そんな本作を事前プレイする機会を得た。本稿では,対戦における基本的なルールなどを中心に,実際に遊んでみてのインプレッションをお届けしていこう。


リンク「ウイニングハンド」公式サイト
リンク「ウイニングハンド」ダウンロードページ
リンク「ウイニングハンド」ダウンロードページ


■逆転要素満載のターン制ガチバトル
■役をえて強な“召喚獣”を呼び出そう

 本作においては1人用のクエストと,プレイヤーとの対戦がメインコンテンツとなっている。どちらにせよ,ゲームの中心になるのはやはりカードバトルだ。
 バトルは,マークハートダイヤクラブ,スペード)と数字(A,2〜10,J,Q,K)に加えて,さまざまなキャラクターや特殊効果が書かれた特別なトランプを使って行われる。


 バトルターン制で進行し,交互に手札からキャラクターを召喚しつつ戦うことになる。召喚したキャラクターを使って相手リーダープレイヤー)を攻撃し,先に体を0にした側が勝利だ。
 ただし,相手の場にキャラクターが出ているあいだは相手リーダーを直接攻撃できないので,まずはキャラクター同士のバトルで相手の場を一掃する必要がある。キャラクター(後述する召喚獣を含む)を召喚出来るのは1ターンに1体だけなので,相手の場をよく見てカードを出していこう。


 ここで注意する点は,召喚されたキャラクターには攻撃と体が個別に設定されており,場に出ているキャラクターを攻撃すると相手の攻撃分のダメージを受けてしまうということだ。反撃で倒されてしまわないよう,攻撃を仕掛けるときは相手のステータスをよく確認しておきたい。


 また,カードの中には「マジック札」と呼ばれる,使い切りのものも存在する。こちらは1ターンのあいだに何度でも使用できるので,手札に来たらガンガン使っていこう。


 さて,本題はここからだ。自分のターンが回ってきた際に,手札の中で“役”がっていればその役の強さに応じた召喚獣を呼び出せる。召喚獣はとにかく強で,手札から召喚するキャラクターとは別次元ステータスを持つ。

 役の内容はポーカーと同様で,数字やマークの組み合わせによって決まる。呼び出す召喚獣は役ごとにカスタマイズできるので,自分が組んだデッキの戦略に合わせて召喚獣を選ぼう。


 ただし,召喚獣無敵というわけではない。たとえ場に召喚獣が出ていても,マジック「7」を使えば対ステータスに関係なく破壊できてしまうのだ。「7」はデッキに4枚しか入っていない生命線なので,手札に来た際は慎重に使おう。


 さらに,デッキに1枚だけ入っているマジック札「ジョーカー」も本作では重要な役割を果たしてくれる。ジョーカーの使いはさまざまで,状況に応じて以下のような効果が発揮される。

ジョーカータイム
 山札からジョーカーを引いたときに発生する効果(特定クエスト以外では発動しない)。ジョーカータイム中,画面上に現れる伏せられたカードからジョーカーを引き当てれば,引き当てた回数だけ手札にジョーカーが増えていく。


マジック札として使ったとき
 デッキの中からカードを1枚選び,そのコピーに変化する。デッキ内の特定カードの効果を使いたいときなどに重宝する効果だ。相手の召喚獣を倒したいときに「7」カードコピーするのもアリだろう。


召喚獣の役に組み込んだとき
 もっとも都合の良いマークと数字を持つワイルドカードとして,役に組み込むことができる。少しでも強い召喚獣を作りたいときに有効だ。





 バトルで使用するカードは,事前デッキとして組み込んでおく必要がある。デッキの中身はトランプと同様の構成にする必要があるので,同じカードを何枚も組み込むことはできない。

 もし同じカードを複数枚持っていたら,カード同士を「合成」してみよう。合成するとカードが持つ「チャンス値」が上昇し,さらにA,K,J,Qの絵札は一定の「チャンス」に到達すると「覚醒」が可になる。デッキ内の合計チャンスが一定をえるとクエストクリア時にボーナス宝箱が手に入るので,同じカードがあったらガンガン合成しておきたい。


 以上が,今回のインプレッションとなる。基本ルールこそポーカーを踏襲している本作だが,常に逆転を狙えるが用意されており,実際のゲーム性はかなりダイナミックだ。
 運に左右される部分はあれど,対戦中も常に「あれが手札に来れば!」と希望を持って遊べるのは,やはり大きな魅だと感じられた。

 とくに,大きな役をえて圧倒的に強い召喚獣を呼び出せたときの爽快感は本作独自のものだといえるだろう。一発逆転の爽快感を手軽に感じたい人には,強くお勧めできるタイトルだ。

リンク「ウイニングハンド」公式サイト
リンク「ウイニングハンド」ダウンロードページ
リンク「ウイニングハンド」ダウンロードページ


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/404/G040407/20171211090/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
iPhone ウイニングハンド
Android ウイニングハンド

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)DMM.com POWERCHORD STUDIO
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.

ポーカーの役を揃えて,ねらえ究極大召喚! 逆転要素山盛りの新作対戦カードゲーム「ウイニングハンド」プレイレポート