聞きにくいことも聞いちゃいます! 『ファンタシースターオンライン2』開発インタビュー
 2017年7月末の実装から、約半年を迎えたエピソード5(以下、EP5)。さまざまな新コンテンツプレイヤーを楽しませる一方で、いくつかの要素で波紋を生んだのも事実だ。今回は、現在進行系で善作業に尽している開発を直撃。バランス調整や新しいコンテンツを含めて、EP5のこれまでとこれからをってもらった。




「『PSO2』の酒井氏&濱崎氏に聞く! エピソード5のこれまでとこれから」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

EP5の問題点善とこれからの方向性

――冒頭からネガティブな話題で恐縮ですが、EP5革新的な要素が多かった反面、不満を漏らすユーザーも多く見受けられました。これに関する現状の所感をお聞かせください。


酒井EP5では、上級クラスとして実装したヒーローが一強になり過ぎた点が大きな反点です。同時に実装したバスタークエストヒーローの活躍しやすい環境ということもあり、ヒーローだけが優遇されている印ユーザーさんに与えてしまった。加えて、既存クラスに行ったバランス調整で大規模な下方修正を行ったために、ユーザーさんとしては5年間積み重ねてきたものを、ないがしろにされたと感じてしまった。その結果、大きな不満が噴出したと考えており、バランス調整方針の検討が不十分だったと反しています。また、複数ブロックマッチングなど、利便性を向上させるための仕様も取り入れたのですが、こちらも機が不十分な状態でリリースしてしまったことも、開発への不信感を高めた原因と認識しています。


――実際にアクティブユーザーの減少はあったのでしょうか。


酒井らがEP5していたアップ率に対しては、大きく下がってしまった状態です。よくない状況だという危機感は感じています。らも5年間サービスを続けてきて、「この変化にもユーザーさんはついてきてくれるだろう」というおごりのような部分があって、こちらの都合を押し付けすぎてしまった結果、EP5ではNOという答えが出てしまった。それについても摯に反しています。当面は失ってしまった信頼を取り戻すため、いまのユーザーさんがプレイしやすく、そして離れてしまった方に戻っていただける環境にしていくために、当初の予定から今後のコンテンツ配信計画を大きく変更してリリースしていきます。


――東京ゲームショウ(以下、TGS)直後、々にバランス調整をされましたが、これほどく対応されるとは予想外で驚きました。


濱崎TGSの直前がいちばん不満が大きくなったタイミングで、直後の9月下旬に1回バランス調整を実施しました。もともと通常クラスバランス調整の計画はあったのですが、もう少し後の時期を予定していました。しかし、通常クラスに対する要望が非常に多く挙がっていることを受けて、大きく前倒しを決め、実施しました。


――そういった施策の軸として、通常クラスバランス調整が順次実施されていますが、現状でユーザーの反応はいかがですか。


濱崎EP5で下方修正がなかったファイターやハンターといったクラスの方からは好意的なご意見などもいただいています。一方、フォースやサモナーは、2017年12月に追加の調整を実施しますが、まだまだ調整が不十分なので、今後も優先して対応していきます。また、ガンナーやバウンサーの調整も2017年12月に実施予定です。引き続き様子を見ながらバランス調整を行って、全体的な底上げをしていきます。


――頭ひとつ抜けていた上級クラスヒーローと、通常クラスの差を縮めていくと。


濱崎EP5配信当初とべると、9月バランス調整から、上級クラスと通常クラスの位置関係は少し変わりましたね。アルティメットクエストのように、継続的に火力を出す場面が多いクエストでは、通常クラスのほうが活躍できるように調整方針を変更しています。


――均的にが高いヒーローと、得意分野ではヒーローよりも突出する部分がある通常クラス、というイメージでしょうか?


濱崎そうですね。手軽に一騎当千を味わえるクラスとしてのヒーロー、という立ち位置は、当初から変わっていません。


――EP5全体で見ると、今後のアップデートはどういった方向性になるのでしょうか。


濱崎年内に関しては、バスタークエストヒーロー中心のアップデートが多くなっていましたが、来年以降はそれ以外のコンテンツも充実させ、通常クラスが活躍できるシーンを増やすことで、遊びやすい環境づくりをします。バランス調整のほかにも、既存クラスには新しい要素の実装も考えていますので、引き続き安心して遊んでいただければ。


――開発スタッフも募集されていますが、開発体制にも変化はあったのでしょうか。


濱崎複数ブロックマッチングなどで、チェックが不十分な状態でリリースしてしまった今回の反点を踏まえて、現在は、クオリティーアップにより多くの時間を割ける新体制へ移行しています。いままで遊んでいたクラスも大切にして欲しいというユーザーさんの意見に、向き合える形にしていきます。

酒井開発スタッフは、入れ替わりも多いですが、そんなことはユーザーの皆さんにとっては関係のない部分ですから。うまくフォローできる体制を作っていければと思います。



エリュトロンドラゴン戦と13破損武器の詳細

――2017年12月下旬には、新レイド緊急クエストとしてエリュトロンドラゴン戦が実装されますが、イチオシのポイントを教えてください。


濱崎PSO2』史上最大のドラゴンとの戦闘というのがポイントですね。


――ドラゴンの中では史上最大、ということですよね(笑)


濱崎もちろん、過去レイドボスべても遜色のない、スケール感ですので、迫のある戦闘が楽しめますよ(笑)魔物種と戦うところから始まり、徐々に本丸へ向けてドラゴンを追い詰める流れで、中ではを飛ぶドラゴンを速射で撃ち落とすシーンも発生します。“巨大ドラゴンと戦うなら、こういうシチュエーション!”という王道の要素を凝縮したバトルが味わえます。さらに、伝説“ラコニウムソード”を装備してドラゴンと対峙する、ユニークギミックも待っていますよ。


――そのラコニウムソードですが、使用クラスによって、効果に影はあるのでしょうか。


濱崎ありません。A.I.Sやライドロイドといった、乗り物に近いシステムで、パラメーターも難度別に専用のものへ置き換わります。ただ、すごく強いわけではなく、ドラゴンの弱点を露出させるための利用がメインです。


――出現するソードを3本にしたのも、弱点を出すための機メインだからなんですね。


濱崎そうです。ただ、1本だけだと取った人が使いかたを知らない場合、詰まってしまいますから、4人に1本の割合で渡しています。また、このラコニウムソードについては、プレイヤー間で戦略を話し合うきっかけになればとも思っています。ラコニウムソードは途中で手放せますので、最初は積極的にラコニウムソードを持つ役を交替して挑戦していただければ。


――報酬の玉である13破損武器のバルシリーズは、14武器へアップグレードが可とのことですが、これは14武器を広く行き渡らせるための施策なのですか?


濱崎それもありますが、S級特殊の付与による性変化で“自分好みに育てる”という新要素でほかの武器と差別化しました。


――S級特殊は、通常の特殊スロットを共有しますが、基本的にはS級特殊のほうが強いのでしょうか?


濱崎概ね強くなります。付与率も100%なので、安心して追加ができますよ。


――アップグレー素材の新アイテム“時還石クロノス”の入手方法は?


濱崎そこそこがんばれば達成できる称号の報酬として、1アカウントにひとつ配布されます。ですので、アップグレード可な武器は1本のみとなるわけですが、別の武器種にも変更可です。破損武器自体は、エリュトロンドラゴン戦に足しげく通えば、週に1本得られる程度のドロップ率ですので、年末年始はここで狙ってください。また、マイショップで取引もできますので、どうしても手に入らないという人は、マイショップ活用するのも手ですね。また、破損武器の入手場所は、今後のアップデートで増やすかもしれません。


――アップグレードには、上位のクラフト素材が多数必要とのことですが、破損武器よりもクラフト素材のほうが集めるのはたいへんそうですね。


濱崎クラフト素材は、コレクトファイルなどドロップ以外の方法でも武器が入手できるようになってきていますので、分解などで確保してもらえれば。多少困難な部分がありますが、入手した14武器への着は大きくなると思います。


――アトラシリーズの強さは、14武器の中で、どの程度の位置づけになるのでしょう。



濱崎しばらくのあいだは、ドロップ産の14武器のほうが強くなります。ただ、今後S級特殊の種類を増やす予定なので、そちらの付与に応じて限定条件で並んだり、越えたりといったバランスになる想定です。伸びしろを残した武器と考えてください。


――アトラシリーズの出現によって、14武器が、これまでよりも身近になりますが、ほかの14武器についても、入手しやすくなるのでしょうか?


濱崎いまのところ、14武器のドロップ率を上げる予定はありません。入手経路を増やす施策は順次行っていきますので、結果的に所持するプレイヤーが増えてくると思いますが、あくまで流は13武器で、14武器はプレミアな位置づけという関係は、引き続き維持していきたいです。



2018年に予定されているアップデートについて

――2018年1月アップデートでは、新エリアとして“幻惑の”が実装されますが、こちらは新しいクエストタイプになるのでしょうか。


濱崎進行の期間限定クエストとして配信します。ただ、配信期間終了後には、この地形を使った別の常設クエストとしての配信も予定しています。


――このマップ固有のギミックなどは?


濱崎変化以外の特別なギミックはありませんが、別の進行ルートに行くパターンも用意しています。


――出現するエネミーは魔物種とのことですが、新登場のエネミーはいますか?


濱崎新規のエネミー追加はないですが、バスタークエストべて、魔物種とじっくり戦える利点があります。エネミーごとの特徴や弱点も覚えやすいはずです。


――アルティメットクエストリニューアルなど、既存コンテンツ修にも注されていますが、こちらは今後も引き続き実施されますか?


濱崎新規コンテンツの合間に、イベント形式で過去クエストを遊んでもらえる施策は予定しています。5年間のサービスの中で、タイミングによっては未経験のコンテンツがあるユーザーさんも多いと思います。それらの修で、新鮮な体験が生み出せればいいなと。もちろん、過去に遊んでいた方にも、懐かしい気持ちで参加できるものをします。


――アークスブーストラリーも、それに当てはまりますね。現在のところはアドバンクエストが対ですが、今後は、それ以外のクエストも対になることはあるのでしょうか?


濱崎現状はアドバンクエストを対に実施予定ですが、アークスブーストラリー自体は、ほかのクエストにも対応できる仕様になっています。アドバンクエスト以外のクエストについては、イベントスケジュールと合わせて検討していきたいです。


――最後に読者メッセージをお願いします。


濱崎たくさんのご迷惑をかけてしまった調整や不具合は、年明け以降も新コンテンツ実装と合わせてしっかり善していきます。離れてしまった方にも、引き続き遊んでくださっている方にも楽しんでいただけるコンテンツを作っていきますので、今後ともよろしくお願いします!

酒井自業自得ですが、振り返るとたいへんな1年でした。今回はEP5という大きな局面で問題が起こり、多くの方が離れてしまったことに、より重い責任を感じています。すべてのユーザーさんのために善を尽くして、より楽しい『PSO2』を作っていければと思っております。“10年続ける”というスローガンを掲げたからには、このままにはしませんし、必ず善していきますので、2018年も、どうかご期待ください。