イベントが多く、飲み会の機会が増えるこの季節。いつも以上に体がむくんでしまったり、二日酔いになったりすることもありますよね。
ただでさえ忙しい時期なので、できるだけ身体の不調を引き起こすことは避けたいもの。
そこで今回は、飲み会でやめるべきことを3つご紹介します。糖質の摂りすぎには要注意ですよ!

[nextpage title="次の日もすっきり過ごしたい!飲み会でやめるべき3つのこと"]
むくみや二日酔いになりやすくなる!?飲み会でやめるべきこと3つ
(1)糖質オンパレード

チャーハンポテトフライ二次会でスイーツ、さらにはラーメン! 
糖質ばかりを摂ると血糖値が上昇しやすくなり、その反動で血糖値が低くなりすぎることがあります。
するとイライラや集中の欠如>が起こりやすい状態になってしまいます。
仕事が忙しい年末に集中がなくなったり、イライラしたりすることは避けたいもの。
飲んだ勢いに任せて食べ過ぎないよう注意してくださいね
糖質エネルギーに変えるには「ビタミンB1」が必要です。
ビタミンB1は疲労回復のビタミンとも呼ばれ、不足すると疲労感、イライラ、集中の低下、肩こりや頭重感などが起こりやすいといわれています。
ビタミンB1豚肉、かつお、大豆などに多く含まれています。
飲み会の時はなるべくこれらの食材が入っているおつまみセレクトすると良いでしょう。
また、糖質セットで多くなりやすい塩分はむくみの要因のひとつです。こちらも取り過ぎに気をつけましょう。
(2)空腹お酒を入れる

飲み会のためにおかせて「杯!」といきたいところですが、アルコールには血糖値を上昇させるはたらきがあります。
杯で飲むことの多いビール糖質が多く、これまた血糖値を上昇させる原因に。さらに空腹時にお酒を入れるとアルコールの吸収が速くなるので二日酔いになりやすいといわれています。
飲む前にコンビニフルーツチーズを買って食べるなどして、食物繊維たんぱく質がとれるものをおに入れておきましょう。
(3)体調が悪い、気乗りしないのに参加する

そもそも論ですが、飲み会続きで体調が悪かったり、気乗りしないメンバーであれば断りましょう!
体調不良アルコールを入れていいことはありません。そして行きたくもない飲み会愚痴説教を受けて、イライラしたり落ち込んだりすることもあるかも。
断るときは断って、自宅で身体を休めましょう。どうしても行かないといけない時は、「お酒を控える・飲む前に食べる・糖質をとりすぎない」の3つを心がけて。
いかがでしたか? 飲む前・飲んでいる時の食べ物に意識を向けるだけでも翌のむくみや体調が変わってくるはずです。ぜひお試しくださいね
ライタープロフィール
生理前の不調(PMSカウセラー/管理栄養士・海老沢 直美
高校生から13年悩んでいたPMSを「食×睡眠×心」で心身共に楽にした経験を活かし、食事カウンセリングを行う。望む人生を送る女性サポートをしている。
【保有資格
管理栄養士/JHS認定ハーブインストクター中級
[pickup]
【あわせて読みたい】・飲み会が続いてもOK!太りにくい食べ方&翌日に気をつけること・会議に備えて!仕事パフォーマンスを高める朝ごはん3つ・お疲れ腸に!10分でできる、ヘルシーポトフレシピ・食べ過ぎ、二日酔い…年末年始に活躍しそうなツボ6選
エイジングケア情報姉妹サイトへ】
ダイエット今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
・“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
[nextpage title="参考リンク"]
【参考】
服部 著(2014年)『心と身体を強くする 食育』 (マガジンハウス)※ビタミンB1- わかさ生活
※むくみ - 武田コンシューマーヘルスケ
PMSを乗り切る方法を教えて! - ユニ・チャーム
※e-ヘルネット アルコール糖尿病 - 厚生労働省
二日酔いでもう苦しまない! - 沢井

海老沢直美
海老沢直美
生理前の不調(PMSカウセラー/管理栄養士。高校生から13年悩んでいたPMSを「食×睡眠×心」で心身共に楽にした経験を活かし、食事カウンセリングを行う。望む人生を送る女性サポートをしている。