なんだかを感じる女性とは、もちろん距離を縮めることも難しいので、近づこうとも思ってくれなくなってしまいます。

自分でも知らないうちに、近づきにくいオーラを出してしまっていることもあるので、まずはそれに気がつくことが大事でしょう。

そこで今回は、男に「近づきにくい」と思われてしまう理由を紹介します。

■「自分から話しかける」ことがない

たまに会話はしたりするものの、いつも話しかけるのは自分の方からばかり…。
そう感じてしまうと、男性の中にも「もしかしたら嫌がられているのかな?」という思いが芽生えてしまうかも。
それでは次第に男性をかけるのをためらうようになる可性だってあるでしょう。

してなかなか話しかけられないというのであれば、まずは「あなたの方からあいさつをする」というのを心がけるといいです。
とにかく、あなたの方からも何らかのアクションを起こすという姿勢を見せないと、避けているかのようにすら思われてしまいかねないですよ。

■いつも「スマホ」を見ている

そもそもスマホを触っている人に対しては、邪魔をしてはいけないという気持ちになるので、単純に話しかけにくいもの。
そのうえ、いつもスマホを触っている女性は、彼氏とこまめに連絡を取り合っているようにも見えるので、男性はなおさらをかけにくくなるかもしれません。

また、一番やってはいけないのが、会話中にスマホを触ること。
話を聞いてくれていない感じがするし、会話に飽きているようにも見えるので、「もうこの子と会話をするのはやめよう」と、男性も嫌な気分になってしまうはずですよ。

■「怒っている」ことが多い

いつも何かに怒っていたり、不満や愚痴をこぼしている女性は、やはり気軽には近づきにくいです。
常にピリピリした空気を感じるので、一緒にいても楽しい雰囲気になるような感じが全くしないかも。

男性は感情の起伏がしい女性が苦手ですし、中でも怒りっぽい女性にはヒステリックな印も抱いてしまいがち。
笑顔が少なかったりすぐに怒り出す女性のことは、本的に避けようともするものなので、普段から十分に気をつけておくべき点ですよ。

■よく男友達に「囲まれている」

友達がたくさんいて、いつも男性に囲まれているような女性には、男性はあまり近づく気になれないかも。
「どうせあの中に彼氏がいるんだろうな」と、勝手に想像したりもしちゃうので、恋愛から外される可性もあります。

また、SNS上でたくさんの男性と絡んでいる女性も、やはり男性からはちょっと敬遠されてしまいがち。
「男好き」とか「遊んでいる」といったイメージを持たれたりもしやすいので、特に気になる男性の前では、色んな男性と仲良くしすぎるのは避けた方がいいかもしれませんね。

おわりに

男性に「近づきにくい」と思われてしまうと、いつまで経っても親しい関係性にはなれません。恋愛に発展させるためにも、まずはを作らないようにすることは、第一ポイントにもなるでしょう。 (山田周平ライター

カツ編集部)