(C)まいじつ

2017年ママタレント小倉優子がひとり勝ちの様相を呈している。オリコンによる『第2回好きなママタレントランキング』では前年の圏外からいきなりトップに躍進した。

【関連】 小倉優子「ママタレランキング」圏外から1位になった理由 ほか

「今年3月に有名美容師の夫と離婚してから、バラエティー番組への出演が増えました。かわいさをキープしながらシングルマザーとして2児を懸命に育てる姿が支持されているようです」(芸ライター

しかし、来年はママタレントへの“新規参入組”が多く、小倉の独走が危ういほどの戦が予想されている。

「最近、妊娠出産を経験した女性タレントには相武紗季榮倉奈々平愛梨武井咲福原愛安田美沙子がいます。特に年明けにイタリア出産予定のは、サッカー選手で夫の長友佑都が来年のロシアワールドカップ日本代表として出場しそうなこともあり、CMの起用が増えそうな気配です」(芸ライター

 

激戦必至の2018年「ママタレント抗争」予測

台頭が予想されるモー娘OG

さらに、ママタレントの一大勢としてあなどれないのが『モーニング娘。』のOGたちだ。

辻希美藤本美貴は以前からママタレのなかでも人気が上位に位置しています。後藤真希11月後半に携帯電話会社の新機種発表記者会見に出席して子育ての話をしており、今後はタレント活動にを入れそうな気配です。現在妊娠中の石川梨華は、夫でプロ野球選手野上亮磨FA権を行使して埼玉西武ライオンズから読売ジャイアンツへ移籍したことで、石川自身も話題を集めて台頭するかもしれません」(同・ライター

出産を経てタレント活動を再開させている関根麻里、辺見えみりも実績があるだけに露出を増やしてくる可性は十分にある。そして、ママタレントの“予備軍”としてすでに注されている大物も控えているという。

「昨年1月DAIGO結婚した北川景子、今年4月渡部建と結婚した佐々木希のふたりが妊娠出産となると、勢図は一変しそうです」(同・ライター

来年はのママタレント界にが吹き荒れそうだ。