本日12月15日に発売されたBRUTUS 861号(マガジンハウス)の特集「危険な読書」に伊藤潤二が登場。特集内のブックインブック「危険な漫画。」の表と裏表に「富江」の富江を描き下ろした。

【大きな画像をもっと見る】

今号の特集「危険な読書」では、「ポリティカルな読書のススメ。」「食べること、交わること、混沌とすること。」「怒りの文学。」「反社会的な、社会出版社。」など、さまざまな切り口で作品をピックアップし、“人生変えちゃうかもしれないあの1冊”を紹介。伊藤が登場した「危険な漫画。」では、「異形のものたち」「不穏な食卓」「と性の痛み」「恐るべき子供」「社会への反抗」という5つのテーマに分けてマンガ作品がラインナップされた。さらに伊藤インタビューや、評論家夏目房之介と編集者島田一志による対談も収められている。

BRUTUS 865号