14日に放送された日本テレビ系ダウンタウンDX』に、元NMB48須藤凜々花が出演し、プライベートで遭遇したファンについて話す場面があった。

【写真】元NMB48・須藤凜々花、冠番組を卒業

番組内では須藤の『NMB48時代、東京に住む彼氏に会うために新幹線に乗ったところ、ホームに自身の写真を持ったファンが待ち伏せており、サインめられたという。プライベートだったため何故くるのがわかったのか怖くなり「卒業したら書きます!」と断り逃げた』というエピソードを披露し、周囲からは驚きのが上がった。

また卒業後、ホームで8人くらいの男性からをかけられた中に、前述の男性もおり「騒動の直後だったので、あっもう死ぬって思って」と、熱狂的なファンを前に込みしてしまったといい「卒業したから約束約束したよねって」と、またサインめられたと明かした。

そして須藤が「結婚するって知ってましたか」と聞くと男性は「知ってる知ってるおめでとう」と、祝福の言葉をくれたと話したと振り返った。

しかし、プライベートにもかかわらず、で遭遇したことについては「ずっと待ってたらしいです」と、待ち伏せされていたのだとも明かすと、周囲からは再度驚きのが上がっていた。

須藤過去にもファンについて話しており、騒動後の握手会で男性ファンから「やめないで」とをかけられたが、そのファン名札に”呪”の文字が書いてあったという。これに須藤は「多分、暴言吐くと出禁になっちゃうんで」と、遠回しに恨みの気持ちを示されたのではと話していたことがあった。

須藤凜々花が明かすあるファンのエピソードとは