好きな人とLINEをしていると「返信がない!脈ナシ?」「なんでいつも既読スルー?」ともやもやすることも多いもの。でも、そんな微妙なLINEのアクションも、脈ナシの証とは限らないんです!微妙なアクションから読み取れるサインについて解説します。

未読・既読スルー


「返信がある直前まで未読」「既読スルー」……脈ナシとは限りません!

好きな人とLINEでやり取りする女子を一番悩ませるのが「未読・既読」問題かもしれません。単に未読がつくのが遅いから・既読スルーだから脈ナシとは言い切れません。

「既読をつけてから返信までに時間がかかると気にする人が多いから、返信できるタイミングになるまで既読にしないように気をつけている」「とりあえずその場で用件は確認するけど、好きなコほどよく考えて返信したいから、返すまでに時間がかかることもあります」という声は多いです。

中には「いつでもスマホを見ていると思われたくない」という謎のプライドを持つ男性も。半日程度で返信があるなら、未読・既読を気にするのは気疲れするだけ。定期的にLINEできる仲なら、彼なりのペースが見えてくるでしょう。

返信のペース

都合が悪くなるとレスポンスが遅くなるときは要注意!

返信のペースが早ければ早いほど、脈アリっぽい感じがしますが、さて実際は?「暇な時はレスが早くて相手してくれそうなコにLINEしちゃう」「いや、さすがに目の前にいる人優先でしょ。仕事はもちろん、友達といる時は携帯自体触りません」と、好きなコのLINE=即返信!とは限らないようです。

複数のことを同時に考えられる女子に対して、男性は目の前のことに集中しがちな傾向も。「何かのついでにでも返事をくれたらいいのに」というのは無理なオーダーのようです。

とはいえ、脈ナシを疑ったほうがいいケースもあります。それは「デートのアポ取りに関してだけ返信が遅くなる」場合。普通に話していたのに「今度ごはん行かない?」的な話題にだけレスが遅くなるなら、それは脈ナシサインかも……。「予定見て連絡する!」「この日ならOK」など、具体的な約束をするのを渋られていないか、注意してみてくださいね。

やり取りは続くけど短文ばっかり

毎日じゃなくても、まとまった時間をさいてくれるなら脈アリ!

「彼とのLINEが途切れず毎日続く」ということを脈アリサインと考える女子も多いですが、それだけでは微妙かも。寂しがり屋で人とつながっていたいタイプの男性は、一日1~5往復程度のLINEをぱらぱら続けるくらいなら、特に好意のない女子とでもできるという人も多いんです。

ある程度話しやすい相手だとは思われていますが、片手間にできるLINEが続いていても、脈アリ認定は難しいかも。一方、毎日ではないものの、高頻度でまとまった量のLINEをやりとりしている場合はグッと脈アリ度が高まります。

例えば「週に3回、1時間以上やりとりが続いたり、通話もある」なんて場合はかなりの脈アリです。定期的にまとまった時間を使うのは、相手に関心や興味がなければ出来ないこと。この場合は短文ばっかりでも脈ナシと思う必要はありません。

二人の恋に温度差はある?

トーク画面を一目見れば分かっちゃう!

自分は一生懸命考えてLINEを送っているけど、彼はどうなんだろう……。そんな「二人の熱意の差」が気になるときは、トーク画面を見てみましょう。内容はさておき、2人の吹き出しの量や文字数に大きく差がないなら、気持ち的には釣り合っているといえます。

自分の吹き出しのほうが目立って多い(自分発信ばっかり)とか、自分の吹き出しばかり大きい(自分は長文、彼は短文)なんて時は、ちょっとクールダウンしてみた方がいいかもしれません。

恋する二人の力関係が知らず知らず出てしまうのがトーク画面の吹き出しの量・大きさです。押しすぎかな?と思ったら、まずはココからバランスをとってみて。(中野亜希/ライター)
(愛カツ編集部)

201712_脈ナシとは限らない