2005-06シーズンに絶好調だったロナウジーニョ、敵地クラシコでレアル守備陣を翻弄

 

 元ブラジル代表のナンバー10、FWロナウジーニョ突然政治家転身が報じられるなど注を集めているが、遊び心溢れるプレースタイル世界中のサッカーファンの心を鷲づかみにしてきた。現地時間23日に行われるレアル・マドリードバルセロナの“エル・クラシコ”を前に、リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターロナウジーニョクラシコで決めたスーパードリブル弾の動画を紹介している。

 

 ロナウジーニョドリブルを発動させたのは、2005-2006シーズンのこと。このシーズンバルサロナウジーニョ、FWリオネル・メッシ、FWサミュエル・エトーといった強3トップMFシャビ・エルナンデスゲームメイクが絡む攻撃を前面に押し出し、UEFAチャンピオンズリーグCL)とリーガ・エスパニョーラの2冠を達成した。その徴的シーンとしてられるのが、宿敵レアルとの敵地クラシコだった。

 

 この試合、絶好調のロナウジーニョに対してレアル守備は全くが立たず、ゴールを立て続けに許す展開になる。

 

 ブラジル人アタッカー高速ドリブルでDFイバン・エルゲラを置き去りにすると、絶対的守護だったGKイケル・カシージャスの重心の逆を突くニアサイドへのシュートゴール。この一撃に、バルサを率いていたフランクライカールト監督も驚きを隠せない様子だった。

 

レアルファンも拍手した伝説シーンも収録

 

 極めつけはこの日の2点だ。今やレアルのディフェンスリーダーであるセルヒオ・ラモスをボディーフェイント一発で置き去りにすると、右足コントロールシュートで再びカシージャスの牙を破った。動画では、3-0の勝利に導いたロナウジーニョに対し、サンチャゴ・ベルナベウに詰めかけたレアルファンも拍手するしかなかった、という伝説シーンまで収録されている。

 

 同ツイッターでも「ロナウジーニョ、彼はエル・クラシコ歴史において、最も徴的なパフォーマンスを見せた選手の一人だ」と、この日のプレーぶりに再び脚を当てている。バルサにとって至福、レアルにとって絶望の記憶だが、両クラブファンにとって裏に深く刻まれている。果たして23日のクラシコでは、どのようなプレーが飛び出すのだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

【動画】リーガ・エスパニューラ公式ツイッターが公開、クラシコで見せたロナウジーニョの神ドリブル弾

 

リーガエスニューラ公式ツイッター開、クラシコで見せたロナウジーニョドリブル弾

 

フットボールゾーンウェブ