NHK人が女子遅くに訪れ、あまりにもしつこい訪問を繰り返した。女子は恐ろしく感じたのか、尼崎市会議員の武原正二氏に対して「悪質な集人がいる」という情報提供。武原正二氏が女子にやってきたNHK人を撃退し、そのようすがYouTubeに掲載され、話題を呼んでいる。

すでに数万人が視聴しており「NHKく滅びろ!」と怒りをあらわにしている人がいるなど、炎上状態となっている。

手紙を1日に17通も女子に入れる
女子がこのNHK人に恐怖を感じたポイントは多々あるようだが、「本日放送受信料の件で訪問させていただきました」という手紙を1日に17通も女子に入れていたという点が最大の恐怖ポイントだろう。遅くに訪問するのも異常だが、1日17通はサイコな恐ろしさを感じるレベル

・非常識な行為は許されるものではない
武原正二氏は女子を訪れたNHK人を動画で撮影しながら直撃。説教をして追い返すことに成功している。今回の件がNHKの意向なのか、それともNHK人の独断により行われた行為なのかは不明だが、非常識な行為は許されるものではない。

一般人に恐怖を与える行為
NHKにも言い分はあるかもしれないが、やり方を間違えれば、それは大きなトラブルを招きかねない。特に強引な契約の催促や、受信料の催促は、一般人に恐怖を与えるものであり、決して行ってはならない行為といえるだろう。

このようなNHK関係者のトラブルが多数発生する昨今。玄関に「NHK関係者が家に来なくなるNHK撃退シール」を貼る人が増えるのも仕方ないことなのかもしれない!?

強引なNHK関係者が多いせいか、「NHK集金人を撮影して投稿すれば30万円もらえるコンテスト」も開始されている。なんとも衝撃的なコンテストだが、それほどNHK人に困っている人がいるということかもしれない。

もっと詳しく読む: NHK集金人が女子の家に1日17枚も手紙を入れる / 異常なNHK集金人をカメラで直撃して女子を救う動画が話題(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/15/nhk-staff-defense/