今季中日プレーした2選手が他球団に移籍、大谷エンゼルス契約が成立

 プロ野球界では15日、3球団で新外国人獲得の動きがあった。巨人中日で今季本塁打王いたアレックス・ゲレーロ内野手を、ヤクルトも今季中日プレーしたジョーダンアルメンゴ投手の獲得を発表した。

 巨人が補強したゲレーロは来日1年の今季35本塁打を放っており、背番号は「5」となった。ジョーダンは今季、先発中継ぎ双方でマウンドに上がっており6勝4敗。背番号は「40」に決まった。

 日本ハムは前ダイヤモンドバックスオズワルドアルシア外野手との契約合意を発表。ベネズエラ出身のアルシアは右投げ左打ちの26歳。メジャー通算288試合に出場し、983打数231安打打率.23544本塁打131打点、339三振。今季はダイヤモンドバックス3A93試合に出場し、打率.326、24本塁打87打点、OPS1.049の好成績を残していた。

 また、日本ハムは、ポスティングシステムを利用してメジャー移籍する大谷翔平投手と、エンゼルスとの契約が成立したことを発表した。

セ・リーグ
巨人
アレックス・ゲレーロ内野手 来季契約締結

ヤクルト
ジョーダンアルメンゴ投手 来季契約締結

パ・リーグ
日本ハム
大谷翔平投手 エンゼルスとの契約成立
オズワルドアルシア外野手 来季契約合意(Full-Count編集部)

巨人に移籍することが決まったゲレーロ【写真:荒川祐史】