コーエーテクモゲームスより,2017年12月21日に発売される「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」(PS4 / PS Vita / Nintendo Switch)。本作は,「アトリエシリーズ20周年記念作品にして,「不思議」シリーズの集大成となる作品だ。
 記念すべきシリーズ第1作「マリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士〜」にハマっていた当時,これは新しいRPGスタイルだと感動を覚えた筆者も感慨深いものを感じつつ,今回はその序盤を遊んでみてのプレイレポートをお届けしよう。


リンク「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」公式サイト

※掲載している画像はPlayStation 4開発中のものです


■“日常系RPG”「アトリエシリーズとは?

 もはや説明不要かもしれないが,「アトリエシリーズ錬金術テーマにしたファンタジーRPGだ。魔王を倒すことや世界を救うことではなく,錬金術を用いて身近な人々の役に立っていくことがストーリーになるという点では“日常系RPG”とも言えるだろう。もちろん,そこにはさまざまなドラマがあり,たくさんの登場人物が織りなす群像劇でもあるのがシリーズの特徴だ。

 本作では,主人公となる双子姉妹,リディーとスールが描き出す「アトリエシリーズらしい日常と,幻想的な絵画の世界を探索するという非日常の2つを軸としており,ファンタジーRPGの魅の一つである,日常を離れた異世界での生活や冒険をしっかりと満喫できる。


 冒頭で述べたとおり,本作は「不思議」シリーズの集大成となる作品で,「ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜」(PS4/PS3/PS Vita)や,「フィリスのアトリエ 〜不思議な旅の錬金術士〜」(PC/PS4/PS Vita)からのキャラクターが再登場する。そのため,これらの作品を遊んでいるとちょっぴり嬉しい場面もあるが,ストーリーに直接的なつながりはないので,本作から遊び始めても問題なく楽しめる。

 また,ゲームシステムに関しては,テーマに広いフィールドを移動していく方式を採用した「フィリスのアトリエ」のスタイルから,一つのを拠点にストーリーが展開していく「ソフィーのアトリエ」のスタイルに戻ったことで,従来の「アトリエシリーズプレイフィールに,より近いものになっている。



■不思議な絵画をめぐる,双子錬金術士の物語

 本作の主人公は,優しくおっとりのリディーと,元気でおてんばスール。2人は,画としては非な才を持ちつつも錬金術では失敗ばかりで,すぐに仕事を投げ出してしまう父親ロジェと共に,売れないアトリエを営んでいる。

 日々の生活費を稼ぐため,リディーとスールはの人からの依頼をこなしながら,どうにかアトリエを盛り立てようとするものの,錬金術士としてはまだまだ未熟なうえ,では幼なじみであるルーシャのアトリエヴォルテール人気を博しており,前途多難な様子だ。


 そんなある日,2人は立ち入りが禁じられていた地下室で一枚の絵画を発見し,その中に迷い込んでしまう。そして,そのことに驚きつつも,しい材料を見つけられるかも,という好奇心から,絵画世界の探検に乗り出すのであった。


 本作には,こうした絵画世界がいくつも存在し,ストーリーの進行によって行ける場所が増えていく。もちろん,これまでのようにの外に出ての採取や冒険も行うが,絵画世界の中はがらりと雰囲気が変わって幻想的な色が広がっていたりする不思議な場所で,探索欲をくすぐられることだろう。


 また,物語の序盤では,錬金術士を対とした「アトリエランク制度」を発足させ,「一番のアトリエ」をすリディーとスールもこれに参加することに。錬金師士としてはまだ半人前の2人は最初の試験にすら落ちてしまうが,そこへ「フィリスのアトリエ」でフィリスライバルだったイルメリアが登場。錬金術師匠を探していた2人は,錬金術の基本についてイルメリアから手ほどきを受け,試験突破に向けて腕を磨いていく。



■依頼に採取に調合……これが錬金術士のお仕事

 基本的なゲームの流れは,各地を探索して材料を採取し,それをもとにいろいろなアイテムを調合するという,「アトリエシリーズでおなじみのもの。調合によって作成したアイテムを依頼人に納品することで報酬を獲得し,さらなる冒険に役立てるのだ。新しい材料を見つけたり,新しいアイテムを調合したりすると,そこから新レシピを発想することがあり,より多くのアイテムを作成できるようになる。



 調合システムは,「不思議」シリーズから取り入れられた材料をパネルにはめていく方式で,いくつかの材料を組み合わせて完成品を作る。材料は「液体」「動物素材」といった具合に大まかに分類されており,調合時にはそのカテゴリの中から,ある程度自由に選択できる。

 さらに,材料には品質や特性などの細かな違いがあり,完成品に継承される要素となる。ここが面いところで,たとえ同じアイテムを調合しても,使った材料によってまったく違う効のものが出来上がるのだ。調合時にはちょっとしたパズル要素もあり,うまく材料を組み込んだり,新要素である「活性化アイテム」を活用したりすることでボーナスを得られる。



■まだ見ぬレア材料めて冒険に出よう!

 の人の依頼や試験の課題では,特定の効果や特性が付いたアイテムの調合が要され,一筋縄ではいかないこともある。植物鉱石といった自然由来のものだけではなく,魔物が落とす材料が必要となる場合もあるので,いろいろなマップに足を運び,レア材料を見つけよう。都の外では時間やによっても採取できるものが変化するので,こうした要素を見極めたうえでの材料集めも錬金術士の重要な仕事なのだ。


 都の外や絵の世界には当然ながら魔物が存在するが,錬金術で作り出したアイテムがあるとはいえ,リディーとスールの2人だけではちょっと心細い。今回プレイした範囲では体験できなかったが,本作のバトルは前衛と後衛の2人1組で戦う「コンビネーションバトル」が特徴で,最大6人によるパーティを組める。この先,本作からの新キャラクターに加え,シリーズでおなじみのキャラクターが加わることを考えると,パーティメンバーが増えたのは嬉しいところだ。



シリーズ初心者でも安心の親切設計に充実のやりこみ要素

 今年で20周年を迎える「アトリエシリーズだけに,本作はシステム面が非常に洗練されている。ヘルプが充実しているのはもちろん,マップメニューを開けば,どこでイベントが起きるか,また,今何を探さなければいけないかなども,すぐに分かる。それでいて肝心なところは自分のでやり遂げる必要があり,このバランスが巧みでストレスなく遊べるのだ。



 ほかにもキャラクターの着せ替えや,フィールド戦闘BGMを前作のものに切り替える機など,お遊び要素も充実しており,飽きが来ない。

 やりこみ要素という意味では,高位のアイテムを作成するのは非常に大変で,希少な材料を入手するために強魔物を倒す必要も出てくる。鍛冶屋では装備品の作成と武器のカスタマイズができ,この鍛冶によってより良い武器や防具を作ることは,強敵と戦ううえで欠かせない要素だ。装備品の効果や特性は膨大な組み合わせに上るので,試行錯誤を繰り返して最強の武器を作り上げよう。



■「不思議」シリーズの集大成,そして双子の奮闘の行方は?

 が始めたアトリエランク制度にも何やら裏があるようで,絵画世界の先には何があるのかも含めて,2人の行く末が気になるところ。また,序盤からこれまでの「不思議」シリーズに登場したキャラクターが姿を見せてくれるので,く共に冒険したくなるが,この先は製品版での楽しみにしたい。


 今回,プレイしたのはPlayStation 4版だが,本作はPlayStation VitaNintendo Switchでも発売予定で,それぞれの画質プレイフィールの違いが気になる人もいるだろう。そこで,各機種でゲームの序盤を遊びべてみた。結論から述べると,各機種ともプレイフィールに関しては同等で,特定の機種のみ読み込みが遅いといったこともなく快適にプレイできた。

 一方,画質に関しては明確な差が見られるので,以下に各機種で撮影したスクリーンショットを掲載しておく。




 見てのとおり,最も鮮明な画質なのがPS4版で,Switch版では画面全体が若干ぼやけた感じになる。また,PS Vita版では画像自体はシャープだが,表示されるオブジェクト数が減っているなど,全体的にビジュアルの簡素化が図られている。画質優先で選ぶならPS4版がベストだが,Switch版とPS Vita版には持ち運びができるというメリットがあるので,自分のプレイスタイルに合わせて選ぶのがいいだろう。

 丁寧な作りと,分かりやすくもやり応えを感じさせる安心の完成度で,「アトリエ20周年を飾るにふさわしい作品に仕上がった本作。「アトリエシリーズファンだけでなく,初めて触るという人にもオススメなので,この機会に手に取ってみてはいかがだろうか。


リンク「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/383/G038341/20171211001/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
PS4 リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜
PS Vita リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜
Nintendo Switch リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.

「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」序盤プレイレポート。シリーズ20周年を飾る安心の完成度