北米時間の2017年12月9日と10日,カルフォルニア州・アナハイムで開催された,CAPCOM U.S.A主催による「ストリートファイターV」(PC / PS4)の世界大会「Capcom Cup 2017」。その閉幕後に収録した同作のエグゼクティブプロデューサーでありCAPCOM U.S.A. オフィサーでもある小野義徳氏へのショートインタビューをお届けする。

 同イベントでは,2018年に登場する「ストリートファイターV」シーズン3の新キャラクター――さくら,サガット,コーディー,ブランカ,ファルケ,Gの6名が発表されたのは既報のとおり。なぜこれらのキャラクターが選ばれたのか,また2018年1月18日に発売される新パッケージ「ストリートファイターV アーケードエディション」(PC / PS4)についても聞いてみたので,同作のファンはお楽しみに。

■関連記事
「Capcom Cup 2017」,本戦最後の切符は日本のネモ選手の手に。最終予選「Last Chance Qualifier」が開催された初日Twitterまとめ
「ストリートファイターV」の公式世界大会「Capcom Cup 2017」本戦が開幕。最終日に進出する8人が決定した2日目Twitterまとめ
「ストリートファイターV」の公式世界大会「Capcom Cup 2017」,最終日Twitterまとめ。ドミニカ共和国のMenaRD選手が優勝
【速報】「ストリートファイターV」シーズン3の新キャラクターが発表。さくら,サガット,コーディー,ブランカほか全6名のキャラクターが参戦



リンク:「ストリートファイターV アーケードエディション」公式サイト


■あと6年走り続けるために――カプコン小野プロデューサーインタビュー

4Gamer:
 CAPCOM CUP 2017,お疲れ様でした。ご感想はいかがですか。

小野氏:
 ありがとうございます。我々日本人として見ればいつもどおりというか,日本人選手の皆さんには「今回も活躍していただいてありがとうございます」という思いでした。一方で,イベント主催者側であるCAPCOM U.S.A.の立場からすれば,開催地である北米の選手がベスト8に残らないという点で,いささか心配があったのも確かです。でもどの試合もすばらしい内容でしたし,とくに今回台風の目になってくれたMenaRD選手の活躍で,非常に見応えのあるものになったと思います。

4Gamer:
 中南米の選手はこれまでもインパクトを残してきましたが,こうした大規模な大会で優勝するのはかなり珍しい気がします。

小野氏:
 そうなんです。過去ブラジルの選手が活躍したことはありましたが,まさかドミニカ共和国の選手が上がってくるとは。我々もまったく想像していなくて,ベスト32のリストを確認したときは,二度見したくらいです(笑)。初代ストリートファイターIIのサブタイトルが「The World Warrior」でしたけど,それが本当になったな,って感じましたね。


4Gamer:
 ああ,まさにですね(笑)。ところで,先ほど発表されたばかりのシーズン3の新キャラクター達について聞かせてほしいのですが,どういう基準でこの6名が選ばれたのでしょうか。サガットやコーディーなどプレイヤーが待ち望んでいたキャラクターがラインナップされているように感じたのですが。

小野氏:
 それはもう,おっしゃるとおりで「このキャラがほしい!」という皆さんの声の中から選ばせてもらいました。さっきのPVで最初にさくらが登場したときのどよめきや,中盤でブランカ,最後にサガットが画面に出てきたときの歓声が,まさにそれを表していると思います。彼らをどうすればストVのゲームシステムで再現するのかというのは,ちょうど1年くらい前から考え始めていたのですが,それがようやく結実した,シーズン3に間に合ったということで,今回発表に至りました。

4Gamer:
 新キャラクターの発表は,昨年はシルエットのみが先に公開されましたよね。それが一気に6キャラクターが発表されて驚きました。


小野氏:
 そうですね。昨年は最初に数だけは言いましょうという形での発表でしたが,今回はすべて発表することにしました。ありがたいことに販売本数も200万本を超え,250万本にも近づきつつある状況の中で,この熱量を維持するためには,皆さんに寄り添ったゲーム作りをしていますという姿勢は見せていかなければならない。それが今回の発表に至った経緯です。

4Gamer:
 なるほど,よく分かるお話です。ところで,我々がよく知る4名のほかに,見覚えのないキャラクターも2名ラインナップされていましたよね。一方の“ファルケ”は,エドのエンディングに出てきたキャラクターで,服装もエドと似ていますが……。

小野氏:
 そうですね,今言える範囲だと……何度かトレイラーを見直していただくと,いろいろなところに「あ,もしかしてこいつと関係あるんじゃ?」っていうヒントがあるかもしれません。これ以上言うと怒られるので,今日のところは勘弁してください(笑)。

4Gamer:
 分かりました(笑)。では,もう1名の“G”については? アンクル・サムっぽい見た目もすごく気になります。

小野氏:
 お,良い質問ですね! でも,彼はファルケに比べるとより純粋な新キャラクターに近いと思います。


4Gamer:
 うーん,なるほど。実装を楽しみにしたいと思います。実は小野さんに,今回どうしても聞いてみたいことがありまして。新パッケージについてですが,なぜ「ストリートファイターV
アーケードエディション」というタイトルにしたのでしょうか。アーケード版が出るわけではないですよね?

小野氏:
 おっしゃるとおり,アーケード版の予定は今のところありません。いちおうアーケードモードが増えたからアーケードエディション……なんですが,実はそれ以上の思いも込められています。

4Gamer:
 分かりました(苦笑)。しかしストリートファイターVの発売当初,スーパーとかダッシュとか,そういったサブタイトルは付けずにやっていくというお話があったように思います。今回のアーケードエディションは,ある意味それに反することになるわけですが,その真意を聞かせてください。

小野氏:
 これは明確で,一度区切りを付ける意味で,名前を変えさせてもらうことにしました。ただ,すでにストVを購入済みの方は,追加キャラクターやコスチュームなどを除く,基本的な部分で追加の投資は必要ありません。無料でアップデートが行われますし,シーズンパスなどの追加要素に関してもそのままなので,サービスの総体としては変わらずです。理由は皆さんいろいろとご想像があるかと思いますが,プレイヤーの皆さんのためにも,そして我々としても一度区切りをつけたほうが良い結果になるだろうという判断です。

4Gamer:
 分かりました。これが最後の質問ですが,CAPCOM CUPは来年もありますか?

小野氏:
 はい。ステージで「2018年に会いましょう」と言ったとおり,来年もやります。

4Gamer:
 種目は「ストリートファイターV」だけですか?

小野氏:
 ……今のところ「ストリートファイターV」は確定です(笑)。

4Gamer:
 うむむ(笑)。では,ファンに向けてコメントをお願いします。

小野氏:
 発売当初は皆さんにいろいろとご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。それでも諦めずに付いてきてくださった皆さんのおかげで,こうして200万本を超え,そして250万本に迫る販売本数を実現できたと思っています。僕自身も会社から追い出されることなくカムバックできて,本当によかった(笑)。

4Gamer:
 発売は2年前ですものね。そう考えると,時の流れは早いです。

小野氏:
 とはいえ,まだ2年です。「ストリートファイターIV」が8年の運営期間でしたから,それに習うとすれば,まだあと6年は頑張らないと(笑)。そうこうしてるうちに東京オリンピックも来ますし,皆さんのご恩に報いるべく,走り続けるつもりです。皆さん今後とも,変わらぬ応援をよろしくお願いします。

4Gamer:
 本日はありがとうございました。


リンク:「ストリートファイターV アーケードエディション」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/283/G028399/20171213053/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル:
・PS4 ストリートファイターV
・PS4 ストリートファイターV アーケードエディション
・PC ストリートファイターV
・PC ストリートファイターV アーケードエディション

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.

「ストV」の新パッケージって,なんで「ストリートファイターV アーケードエディション」なんですか? CAPCOM CUP 2017後の小野プロデューサーにあれこれ聞いてみた