ソフトバンクグループ価は10月31日に急落した。終値は前日の1万430円から483円(4.6)安の9947円へ下落。その後も1万円を下回ったままで推移している。ソフトバンク下の携帯電話4位のスプリントと、同3位のTモバイルUSとの経営統合を断念する方針を決めたことに投資は落胆したのだ。

 スプリントの価は、11月6日の取引で一時14も急落。TモバイルUSとの経営統合に向けた交渉が打ち切られたことで、窮地を打開するのに、もはや大合併を当てにできなくなったからだ。整備が遅れている通信網への投資、380億ドル(約4兆2000億円)という重い負担に自で耐えていかなければならない。
 
 ソフトバンク孫正義社長は、スプリントとTモバイルUSの合併を、Tモバイル親会社の独テレコムに申し入れていた。交渉は数カに及んだが、破談に至った交渉の舞台裏を11月25日日本経済新聞は、こう報じた。

10月27日午前、東京留のソフトバンク本社が入るビル26階の会議室。孫氏は取締役に『ドイツのテレコムは(Tモバイルの)経営権を手放すつもりはない。このままでは交渉は破談する』とりかけた。

 これに対し、(ファーストリテイリング会長社長の)井(正)氏や半導体設計のアーム・ホールディングスサイモンシガーズ最高経営責任者(CEO)ら出席者のほぼ全員が『スプリントの経営権を手放すべきではない』と、数カにわたる交渉に事実上終止符が打たれた」

 この報道には説明が要る。今回の統合案では、テレコムが式の過半を握り、新会社はソフトバンクの関連会社になる見通しだった。

 ソフトバンクは新会社の利益を「持ち分法投資利益」として引き続き得るほか、スプリントの約4兆円の有利子負債が連結から外れることから財務面の善を見込んでいた。

 だが、テレコムは単独で経営権を獲得できなければ統合案をのめないと井氏ら社外取締役による「スプリントの経営権を手放してまでTモバイルUSと合併させるべきではない」との意見に押し切られて、統合を断念したということだ。

 孫氏の的は、巨額の有利子負債を抱えるスプリントを連結から切り離すことにあった。身軽になって10兆円の投資ファンドに全投球するためだ。

 ところが、スプリントとTモバイルUSの経営統合は破談した。ソフトバンクは15兆円近くの連結有利子負債を抱えたままだ。孫氏には大きな誤算となった。

孫正義氏は投資に変貌したのか

 ソフトバンクは今や、ベンチャー企業に投資する巨大なファンドであると同時に、通信、電子商取引、ハイテクなど既存の出資先の運営にも関与する事業会社でもある。

 今回の携帯電話の統合問題では、孫氏と彼の理解者である井氏との考え方の違いが浮き彫りになった。井氏は「日経ヴェリタス」(日本経済新聞社/6月18日号)のインタビューで、孫氏にこう苦言を呈していた。

「『彼には投資の才があることは分かっている。だが、同じ才を生かすなら投資ではなく実業として成功してもらいたい。本業に徹してもらいたい。孫さんはグループ会社を5000社にすると言っているが、2030社にしてそれぞれが何兆円という売上高を持つ会社にしてもらいたいと思う。そうじゃないと実業ではなく投資になってしまう』」

 携帯電話の統合問題で、井氏が「スプリントの経営権を手放すべきではない」と異議を申し立てたのは、孫氏に「実業として、スプリントを立て直してほしい」との思いが込められている。

 ところが、肝心の孫氏はファンドビジネス前のめりだ。

 2010年6月ソフトバンク総会で、「30ビジョン」を発表した。情報革命にこだわり、40年には戦略パートナーとなる企業5000社に増やし、その時の時価総額は200兆円、世界トップ10をすというものだった。

 あれから7年。孫氏一流の大風呂敷と受け取られていた計画が実際に動き出した。今年5月世界IT情報技術)関連ベンチャー企業に投資する「ソフトバンクビジョンファンド」を設立。サウジアラビア政府のほか、アップルなど約10社が参加し、IT企業などに出資している。

30ビジョン」を達成するためには、10兆円では足りない。10兆円ファンドを次々とつくっていかなければならないだろう。

 10月20日日本経済新聞インタビューで、孫氏はこうっている。

「2~3年ごとにビジョンファンド2、3、4と続けていく。構造的に10兆円、20兆円、100兆円という単位で資を増やし続けられる仕組みをつくっている」

 この発言に見られるように、孫氏の実像は投資であって、もはや実業ではない。

「孫さんはウォーレンバフェットをえる世界一の投資になる。間違いない」

 みずほフィナンシャルグループ佐藤康博社長7月28日東京都内で開かれた催しで孫氏をこのように絶賛した。バフェット氏は「投資の神様」として名高い投資だ。メガバンクのお付きを得た孫氏は投資街道をまっしぐらに進む。

“孫商法”は曲がりを曲がってしまった。
(文=編集部)

ソフトバンクショップ(撮影=編集部)