12月14日未明に公開されたiOS11.2.1では、iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusでカメラでオートフォーカスが正常に機能しないiOS11.2のバグが修正されていることが分かった、と米メディアMacRumorsが報じています。

iOS11.2で発生していたオートフォーカスの不具合

iOS11.2.1では、au(KDDI)のiPhoneでビジュアルボイスメールが利用できない不具合や、HomeKitに関する脆弱性の問題を解消しています。
 
前バージョンに当たるiOS11.2をインストールしたiPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusのカメラで、オートフォーカスが正常に機能しない問題がMacRumorsの読者掲示板で、複数の読者が報告していました。
 
掲示板の投稿者らは、アップデート前のiOS11.1.2に戻すと問題は解決したものの、iPhoneを初期化してiOS11.2をインストールすると同じ問題が再発したことから、この問題はソフトウェアに原因がある、と指摘していました。

iOS11.2.1へのアップデートで問題解決!

iOS11.2.1の公開後、MacRumorsの読者たちは、オートフォーカスの問題がiOS11.2.1にアップデートしたら解決した、とTwitterや掲示板で報告していることから、Appleのリリースノートにはありませんが、iOS11.2.1ではオートフォーカス問題が修正されたとみられます。
 


 
iOS11.2のインストールされたiPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusをお使いで、カメラのオートフォーカスがうまく機能しない方は、iOS11.2.1へのアップデートを試してみてください。
 
iOSのアップデートは、設定アプリから「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を開くと確認可能です。

 
 
Source:MacRumors
(hato)

 
 

iOS11.2.1、iPhone X/8/8Plusのカメラ問題をこっそり修正